調剤事務管理士。合格率と難易度

民間資格

調剤事務管理士とは、保険調剤薬局にて薬剤師をサポートし、調剤報酬を算定し請求などを仕事としたスキルを測定する検定試験です。

同種の資格が複数あるのですが、この調剤事務管理士の特徴は「自宅受験」「試験の資料の持ち込みは可能」「業界で資格としての知名度がある」「そもそも試験が簡単」、このような意見がありました。

調剤事務管理士、合格率と難易度/偏差値。

調剤事務管理士試験の合格率は73.9%から87.2%です。

そして調剤事務管理士試験の難易度は偏差値表示で42です。

試験日合格率
2023/0976.9%
2023/0887.2%
2023/0780.0%
2023/0677.3%
2023/0580.5%
2023/0473.9%
調剤事務管理士の合格率

試験の概要、過去問など

受験資格制限無し
試験内容実技・学科2時間

学科試験(択一式:10問)

法規
医療保険制度
調剤報酬の請求についての知識

調剤報酬請求事務
調剤報酬点数の算定
調剤報酬明細書の作成
薬剤用語についての知識

実技試験
調剤報酬明細書を作成するために
必要な知識。
レセプト点検問題 1問
レセプト作成 2問
合格基準実技試験:
各作成問題ごとに50%以上かつ
3つの合計で70%以上。

学科試験:70点以上/100点

実技・学科ともに要合格基準
過去問過去問の抜粋
試験日程毎月の月末日曜日
公式サイトで要確認
受験地在宅試験
受験料6,500円
問合せ株式会社技能認定振興協会(JSMA
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町3-2
ソラスト秋葉原ビル2階
TEL 03-3864-3559
調剤事務管理士の試験概要

調剤事務管理士の特徴、求人需要など

試験の特徴として上記に「自宅受験」「試験資料など持ち込み可」「業界で資格としての知名度がある」「そもそも試験が簡単」で、これが選ばれる理由です。

そして試験の事ではなく調剤薬局における事務職はどのような特徴はといえば、職場は日本全国にあり、調剤薬局は無くならないので就職・転職・再就職が他の仕事より簡単で安心にも繋がるという事です。

仕事の採用には「経験者優遇」という側面はありますが、それはこの職種に限ったことでもなく当然に世代交代はありますので、面接時に単なる「未経験です。」よりは「しかし勉強して資格を取りました。」の方が良いことは言うまでもありません。

調剤事務管理士の勉強方法、独学と通信講座

調剤事務管理士試験は、受験資格に制限がありませんので、大多数の受験者が未経験で試験に向けて「何をどうして良いか分からない」という人が多いという実態があります。

しかし試験自体の難易度が高いわけではなく「やる事をやっておけば合格」というレベルですので、その「やる事」の選定を通信講座に丸投げするのが安易ですが、独学よりは通信講座の受講の方が、効率的な学習で合格率を上乗せすることになり、確実に合格への近道です。

〔PR〕ユーキャンの調剤薬局事務講座

参考書・テキストなど

スマホで隙間時間勉強、家ではPCで同じ本をみる。

〔PR〕調剤報酬実務必携など電子書籍Kindle本

・Amazonが提供するKindle Unlimited 全てのジャンル200万冊以上が読み放題
初めての利用は30日間の無料体験

〔PR〕Kindle Unlimited 30日間無料体験

いろいろなスマホとPCに対応のKindle無料読書アプリ

〔PR〕Kindle 無料読書アプリ

登録販売者

医療の国家資格一覧

資格一覧。偏差値でランキング表示に移動

ホームに移動

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました