宅地建物取引士(宅建士)試験は1年に一度、合格率は15から17%、38問正解で合格

国家資格

宅地建物取引士(宅建)の試験は年1度しかない。
しかも合格率は15-17%
これって、難しいよね。

受験者は精鋭の人じゃないよ。

落ちて当然という人も多いよ。

宅地建物取引士(宅建士)試験合格率は何故15%なのか。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: asian-1870022_1280-1024x682.jpg

宅地建物取引士(宅建士)試験合格率は、この免許制度の理念に関連しています。

『業界の模範となるスペシャリスト養成、受験者の1割から2割を合格とする。』

要約すればこうなります。

だからその中間でいつも15%くらいにしましょうって、これってお役所的発想ですよね。

宅建受験、合格率15%の克服

以下を実践して凡才でも1回で合格。

その根拠ですが

僕は宅地建物取引主任者(当時名)登録して長いのですが、当時も合格率15%でした。僕は宅建試験を受験した後、その合格発表前にメディアによく出ている不動産会社に面接しました。その時、面接担当の人に『宅建はどう見ても合格してます。』と言い切りました。

その会社は数年在籍しましたが重説(重要事項の説明)の回数はもう多すぎて分かりません。
僕の立場は毎年会社スタッフを宅建試験に送り出すわけですが、

実は彼らとのコミュニケーションをとる中で受験前から合格する人、落ちる人を知っていました。自分でも驚くことに僕の予想は100%的中でした。これが競馬だったらどんだけ良いだろうと嘆いたくらいです。

宅建合格率よりも模擬テストを常に40点と

過去問の繰り返し常に50点満点にこだわる。

なぜ15%を無視し40点で良いのか

四者択一、2時間50問の試験問題で38問以上が正解した。
これで合格です。だから模擬テストで常に40点以上を目指しましょう。

年度受験数合格数合格点合格率
2013年186,304人28,470人33点15.3%
2014年192,029人33,670人32点17.5%
2015年194,926人30,028人31点15.4%
2016年198,463人30,589人 35点15.6%
2017年209,354人32,644人35点15.6%
2018年213,993人33,360人37点15.6%
2019年220,797人37,481人35点17.0%
2020年

宅建試験の合格率は客観的に見て毎年この15-17%になるように合格点を何点にするかで調整されていす。

50問中35正解で35点が例年の合否ラインのパターンが多いのですが、今年(2020年)は問題が若干優しかったので正解38±1問正解したかどうかが合否ラインと言われています。

もし例年通りの難易度であれば50問中35正解が合格基準。言い換えれば多くの年が合格率15%前後なので、もし40問正解40点であれば合格者の中でもかなり上位に位置します。

これは宅建試験の長い歴史の中で平成元年以降を見てみると、ほとんどの年が33から37問正解していれば合格です。40問正解を要求する年度は一度もありませんでした。

宅建試験、合格率の克服、そして40問以上正解、その手順

こだわるのは模擬試験を
常に50問中40点。

繰り返しの過去問を常に満点

以下を実現してください。普通に考えて合格です。

一の矢 難易度の高い問題に慣れる

  1. 2021年度版、参考書一冊に目を通す。
    (理解不要。まずは読む。)
  2. 時間内、過去問題を繰り返す。満点を維持、
    詳しい正解解説文付きをよく読み理解する。
  3. 時間内、市販の模擬試験繰り返しいつも40点以上、詳しい正解解説文をよく読む
  4. 迷った問題。間違った問題を完全なまで塗りつぶし、繰り返し身体で試験になれる。
  5. これを延々と繰り返す

 これを実現するには、

問題ごとの解説文の熟読が

とても重要です。

 注意点はレベルの高い問題集と
解説文を選択する事。イージーな問題集は時間の無駄です。

二の矢 音声学習。

  1. 毎日聴きながら寝ます。
  2. 通勤でも聴く
  3. 聴いたパートを参考書で再確認、図解があれば目に刷り込む

その音声学習、今の時代便利ですねamazonで売ってます。

僕は自分の宅建試験当時そういう便利なものを知りませんでした。
だから自分で買った1冊だけの参考書を声出して読みました。録音したんです。

三の矢 それでも不安な人は、今すぐ不動産会社で副業

(それでも自信のない人、アルバイトOK)

 手続きして本試験で5問免除になる。

 詳しくは別ページで解説しますが、

 5問免除これってまじ鬼に金棒。

以上。一の矢、二の矢、三の矢 でした。笑

でも本当にこれで合格だ思います。

だって僕の時は5問免除制度のない時でした。そして当時、僕が後輩に指導と言えばおこがましいのですが関わった多数の同僚の受験結果の合否的中率が100%でした。なぜこの合否的中率が100%だったかは、彼らに受験直前まで時おり、勉強の方法や模擬テストの結果などを聞き取りしていたからです。
だから、OKとか、駄目だね、とか事前にわかってしましました。

2021年の試験日まだ先だとは考えず。
すぐに始めてください。

タイトルとURLをコピーしました