求人需要がある、おすすめの資格。

おすすめ資格

おすすめの資格は何か。

今よりも良い自分の立場や仕事をステップアップしたい。

就職や転職に需要が有る自分に合った資格を探したい。

心地良い周りの環境と十分な収入が欲しいと思うのは皆がそうなのですが、資格取得に向けて計画的な努力で報われる方法を考えてみます。

要するに収入アップしなければ!

自分ができる範囲でやってみましょう。

需要のある資格取得とは

例として宅建士

ビジネス社会から需要のある、有利な資格を取ろう。

受験者から人気の資格ではありません。雇用者からの需要が大きい資格を目指します。

そのような資格は多数あるのですが、ここでは例として宅地建物取引士です。

宅建の資格試験は毎年約20万人が受験する人気ぶりです。

その勉強方法は個人差ありですが、例として以下のようになります。

  1. 目標設定:たとえば宅地建物取引士(宅建士)の資格を取ることを目標にする。
  2. 環境準備:PCと音声解説付きの参考書、問題集
  3. 基礎理解:参考書を一通り読む(最初は理解不要)。
  4. 学習手順:通勤と寝る時に音声解説を聞く、模擬試験、過去問を時間内でやる。
  5. 実践練習:上を繰り返し、迷った問題、間違った部分を解説書で徹底理解する。
  6. 目標達成:合格して少々(月額3万円)収入アップ。次の目標に向かいましょう。

宅建士は国家資格であり、その中の必置資格、業務独占資格、名称独占資格。

専任の宅建士登録は不動産業者の法的義務です。

さらに

その支店の全従業員人数5人に対し1人以上の宅建士が居なければ開業できません。

そして賃貸契約も売買契約も、宅建士がお客さんに重要事項説明をしなければ契約締結できません。

✔ つまり法律的に不可欠な資格です。

 要するに、この人が居なければ困る!という存在になれば良い。

そしてさらに簿記二級、三級があれば営業をしないで定時に帰社できる宅建事務職や金融機関の不動産ローン担当、建築分譲会社が常に探す建築土地の収用手続き担当など他業種でもいろいろな発展形があります。

おすすめ、需要があって無理のない難易度の資格。

✔ 企業からの求人リクエスト、
三大資格その根拠として、
 
 
どれも人気の資格です。
難関な司法試験をおすすめしている訳ではありません。
人気2位の一級建築士を外せば少しの努力で獲得できる資格です。

危機を乗り越える資格とスキル

昔の話ですが、日本債権信用銀行(日債銀)日本長期信用銀行(長銀)の破綻、大手銀行、たくさんの地方銀行の吸収合併、同時に生き残りをかけて、銀行から企業に貸金の引き剥がし。

YouTubeで、「山一證券最後の会見」 を検索してみてください。当時エリートと呼ばれた一流会社員が一瞬で仕事を失う。

銀行から貸金の引き剥がしを受けた一流会社と中小企業が無数倒産、そしてそれがその後、就職氷河期という現象になりました。

時代を生き抜く合わせ技、その小さな技が実需のあるスキルや国家資格などであったりするわけで、一歩前進したそのときに、自分が会社員でも良いけど起業しても良い。

需要のある自分のスキルを示す実績を積極的に公開、営業すれば、フリー個人の立場でも仕事と収入が入ってきます。

自分に合う資格

資格は多数あります。

自分に合う資格の勉強を始めてみましょう。

以下リンクは資格の難易度順に並べてみた一覧表です。

参考にしてください。

資格の一覧、難易度ランキング

比較的簡単に取れる、おすすめ国家資格

公務員の職種と種類の一覧

参考書、電子書籍、音声学習など

電子書籍kindle資格選びの本

・Amazonが提供するKindle Unlimited 全てのジャンル200万冊以上が読み放題
初めての利用は30日間の無料体験

Kindle Unlimited 30日間無料体験

・みんな嬉しいAmazonプライムは、買物の配送無料、話題の映画・ドラマ・アニメが見放題、読み放題の書籍が多数。

Amazonプライム30日間の無料体験

・学生なら、さらに嬉しい6か月無料で、それ以降250円/月

Amazon Prime Student

・いろいろなスマホとPCに対応のKindle無料読書アプリ

Kindle 無料読書アプリ

資格一覧。偏差値でランキング表示に移動

ホームに移動

タイトルとURLをコピーしました