P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)。P検タイピングとP検アプリで実技の免除

民間資格

P検(ICTプロフィシエンシー検定試験・旧パソコン検定)とは、ICT「Information and Communication Technology(情報通信技術)」活用の基礎レベルからビジネスイノベーションリーダーまでを5級から1級として、仕事をする上での実務スキル、知識・技能・問題解決力などを測定する検定試験です。

P検とはP検定・パソコン検定の略称になりますが、この資格の正式名称は ICTプロフィシエンシー検定試験です。

「ICT」とは情報通信技術の事。

「プロフィシエンシー」とは、技能や知識を現場の状況に対応し発揮する能力のことです。

仕事で求められている「ICT活用スキル」とは、知識や技能を発揮して、職務上の情報通信技術の課題や問題を解決する能力の事です。

つまりP検の試験結果は実践的なICT活用スキルの証明になりますので、より高度な級の合格(2級以上)を目指し、その結果を就職・転職、企業内報告の際には履歴書に記載してください。

P検の試験概要。合格率・難易度・試験日程

資格名P検
ICTプロフィシエンシー検定試験
以下公式サイトを優先とし、2021年時点は
資格種類民間資格
受験資格1級は2級の合格者
2級~5級は制限無し。
試験の
難易度
1級:□□□□□□ 普通
2級:□□□□□□ やや易しい
3級:□□□□□□ 易しい
P検の
偏差値
1級:55
2級:46
3級:38
受験者数
合格率
2020年受験者データ(公式サイトより)
受験者数
P検:約78000名
P検タイピング:約71000名
P検アプリ:約21000名

合格率
4級:
社会人(大学生含む):88.5%
高校生・中学生(合格支援制度利用なし):
68.9%
高校生・中学生(合格支援制度利用あり):
83.4%

3級:
社会人(大学生含む):85.9%
高校生・中学生(合格支援制度利用なし):
51.7%
高校生・中学生(合格支援制度利用あり):
71.3%

準2級:
社会人(大学生含む):81.6%
高校生・中学生(合格支援制度利用なし):
48.1%
高校生・中学生(合格支援制度利用あり):
72.6%

2級:
社会人(大学生含む):69.3%
高校生・中学生(合格支援制度利用なし):
48.8%

1級:
社会人(大学生含む):29.2%
合格基準1級
1000点満点の700点以上で合格。

2級
・一般問題・プロフィエンシー・実技:
700点満の490点以上。
・プロフィエンシー(⑥総合実技):
100点満点の60点以上。
※以上の条件全てを満たすこと。

準2級
・タイピング:
100点満点中、50点以上の得点
(日本語375文字以上、
あるいは英字638文字以上)
・一般問題・プロフィエンシー
・実技:600点満点中、390点以上。
※以上の条件全てを満たすこと。

3級
・タイピング:
100点満点中、40点以上の得点
(日本語300文字以上、
あるいは英字510文字以上)
・一般問題・プロフィエンシー・実技:
500点満点中、325点(65%)以上。
※以上の条件全てを満たすこと。

4級
タイピング:
100点満点中、30点以上の得点
(日本語225文字以上、
あるいは英字383文字以上)
一般問題・プロフィエンシー・実技:
300点満点中、180点(60%)以上。
※以上の条件全てを満たすこと。

5級
100点満点中、60点(60%)以上。
試験科目1級
選択式テスト&論述式テスト10問90分
① 情報セキュリティ管理
② 企業内ネットワーク
③ 業務プロセス改革
④ ICTを活用した問題解決

2級
・一般問題・プロフィエンシー
(34問30分)
① コンピューター知識(8問)
② 情報通信ネットワーク(8問)
③ 情報モラルと情報セキュリティ(8問)
④ ICTを活用した問題解決(10問)
・実技(8問10分)
⑤ プレゼンテーション
・総合実技
(プロフィエンシー:1課題30分)
⑥ 複合成果物作成型実技テスト

準2級
・タイピングテスト(5分)
① 日本語または、英字
・一般問題・プロフィエンシー
(38問29分)
② コンピューター知識(10問)
③ 情報通信ネットワーク(10問)
④ 情報モラルと情報セキュリティ(10問)
⑤ ICTを活用した問題解決(8問)
・実技(プレゼンテーション各9問各13分)
⑥ ワープロ(文書の編集)(9問)
⑦ 表計算(表計算ソフトの操作)(9問)

3級
・タイピングテスト(5分)
① 日本語または、英字
・一般問題・プロフィエンシー
(41問29分)
② コンピューター知識(15問)
③ 情報通信ネットワーク(10問)
④ 情報モラルと情報セキュリティ(10問)
⑤ ICTを活用した問題解決(6問)
・実技(プレゼンテーション各8問各13分)
⑥ ワープロ(文書の編集)(8問)
⑦ 表計算(表計算ソフトの操作)(8問)

4級
・タイピングテスト(5分)
① 日本語または、英字
・一般問題・プロフィエンシー
(40問25分)
② コンピューター知識(15問)
③ 情報通信ネットワーク(10問)
④ 情報モラルと情報セキュリティ(10問)
⑤ ICTを活用した問題解決(5問)
・実技(各10問各10分)
⑥ ワープロ(文書の編集)(5問)
⑦ 表計算(表計算ソフトの操作)(5問)

5級(30問15分)
① コンピューター知識(10問)
② 情報通信ネットワーク(10問)
③ 情報モラルと情報セキュリティ(10問)
免除科目P検免除テスト(CBT方式)を
本試験申し込み前に受験合格した場合

①P検タイピング
準2級~4級のタイピング試験に対応

②P検アプリ
「P検アプリ」の合格証書に記載されている
「合格コード」を入力すると
タイピング試験および実技の
「ワープロ」と「表計算」が免除。
合格コードは同一年度内(3月末〆)
何回でもご利用することができます。

「P検アプリ」とは準2級~4級の実技テスト
(ワープロ、表計算)が事前に受験できる
試験の
申し込み
1級~4級:随時。予約状況を要確認
5級:随時
試験日
試験日程
1級~4級:随時。予約状況を要確認
5級:随時
合格発表試験後、即時
試験地
試験会場
1級~4級:全国のPASS認定校
5級:HP上で実施
受験料税込みで(高校生以下)
1級:10,000円
2級:6,100円(4,100円)
準2級:5,100円(2,500円)
3級:5,100円(2,000円)
4級:3,000円(1,500円)
5級:無料

P検アプリ
準2級:1,000円(200円)
3級:1,000円(200円)
4級:1,000円(200円)
問合せP検事務局
電話:03-5338-8784
公式
サイト
ICTプロフィシエンシー検定試験事務局
P検の試験概要

P検の5級・4級・3級・準2級・1級の勉強方法

P検の難易度

世に多い資格試験の中で試験の難易度を考えれば、P検(ICTプロフィシエンシー検定試験)は2級までは偏差値46で、合格率(表に記載)も高いため簡単な資格と言えます。

一般的な話として履歴書にP検の記載は2級以上と言われていますので、まずは2級の合格を目指してください。

P検の勉強方法

前記の記載の通り、試験の難易度は高くありませんので、テキストと受験対策用ドリルの周回で合格できるレベルです。

受験の順番に関しまして、上記表に示す本試験の免除科目を得るために、P検タイピングとP検アプリの試験は先に受けてください。

P検2級の場合の合格基準で
・一般問題・プロフィエンシー・実技:
700点満の490点以上。
・プロフィエンシー(⑥総合実技):
100点満点の60点以上。
※以上の条件全てを満たすこと。

この合格基準を目安に以下リンクの指定テキスト&ドリルで事前に自己採点と自己評価をしてください。

公式サイトが指定するP検オフィシャル教材は以下のAmazonで入手できます。

P検合格シリーズテキストとP検合格シリーズドリル

P検の関連資格

Excel表計算処理技能認定試験2級

Word文書処理技能認定試験2級

MOS試験、マイクロソフト オフィス スペシャリスト

【国家資格】情報セキュリティマネジメント試験

【国家資格】ITパスポート試験

【国家資格】基本情報技術者試験

【国家資格】応用情報技術者試験

【国家資格】ウェブデザイン技能検定

資格一覧を取得の難易度と偏差値でランキング表示

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

ホームに移動

タイトルとURLをコピーしました