年金アドバイザー4級のCBTと公開試験日。過去問とテキストの勉強時間30時間で合格率86%実績。

民間資格

2022年04月11日に第151回銀行業務検定試験「年金アドバイザー4級」マークシート式の結果が発表されました。

実施日2022年3月、受験者数は1,075名、合格者数は616名、合格率は57.30%の結果でした。

銀行業務検定の年金アドバイザー4級とは、銀行など主に金融業において窓口業務または渉外業務を担当者する初期段階の人に資格の取得が推奨されています。

年金アドバイザーの資格試験は1級から4級まであるのですが、試験の難易度から考え最初の受験は4級でも良いのですが、 年金アドバイザー3級もすぐに受験で良いレベルです。

ちなみに冒頭に書きました勉強時間30時間で合格率86%実績は、年金アドバイザー3級の通信講座を指しています。

近年の年金アドバイザー4級の合格率は57.30%から66.47%、受験者数と合格率の詳細は以下の通りで、試験の難易度は偏差値表示で40です。

ちなみに3級試験の平均合格率は38%で難易度は偏差値表示で43です。

この38%合格率が30時間の勉強で86%合格率(2021年度3級試験)にできたわけです。

最初にどちらを受験するか迷う方は、CBTも使い4級と3級の両方を受験すれば良いでしょう。

年金アドバイザー3級も4級もは60%の正答率で合格できる絶対評価を採用しています。

つまり6割以上の正答率の基準をクリアすれば合格できるのですが、金融業に従事する人にとって、一応の勉強さえしておけばこの試験問題の難易度は低く簡単なため、年金アドバイザー3級・4級は勉強方法を間違えなければ合格して当然の資格試験とも言えます。

独学でも合格は可能ですが、 年金アドバイザー3級の通信講座30時間の勉強時間で2021年3月の合格率が86%という実績の勉強方法もありますので、下に紹介します記事を参考にしてください。

年金アドバイザー4級の試験概要

公開試験

以下公式サイトより

出題形式三答択一式 50問(各2点)
科目構成(1)年金の基礎 30問
(2)老齢給付 10問
(3)障害・遺族給付 6問
(4)セールス・その他 4問
合格基準満点の60%以上
(試験委員会にて最終決定)
試験時間90分 試験開始後60分間,
終了前10分間は退席禁止
持込品受験票
HBの鉛筆 消しゴム
電卓(1台のみ使用可。
ただし、金融計算電卓、
関数・メモ機能付きは不可)
年金アドバイザー4級の試験概要

CBT

CBTとは「Computer Based Testing」の略称で、コンピュータを使った試験方式のこと。

CBTの多くが1年間を通じて好きな日時で受験できる上、試験会場となるテストセンターも47都道府県のすべての県に国内最大300ヶ所以上の会場があります。

CBTは公開試験に比較し、PC画面での解答になり、計算もPC上の電卓で計算します。

持ち物として:本人確認証
注意点として:試験教室には、スマートフォン等通信機能やカメラ機能を搭載した機器の持ち込みが禁止されています。万が一、試験中に持ち込みが発覚した場合は、その場で試験中止(欠席)となりますのでご注意ください。

年金アドバイザー4級試験の合格率と難易度、偏差値

合格率

近年の年金アドバイザー4級の合格率は57.30%から66.47%、受験者数と合格率の詳細は以下の通りです。

試験日受験者数合格者数合格率
2022年3月
(第151回)
1,075名616名57.30%
2021年3月
(第148回)
1,208名803名66.47%
2020年3月
(第145回)
中止
2019年3月
(第142回)
1,323名796名60.17%
2018年3月
(第139回)
1,510名907名60.07%
2018年3月
(第136回)
1,540名963名62.53%
年金アドバイザー4級試験の合格率

難易度・偏差値

年金アドバイザー4級(銀行業務検定)の 難易度は偏差値表示で40です。

年金アドバイザー4級の試験日程、試験日とCBTの申し込み

銀行業務検定試験の日程、試験日、試験時間は銀行業務検定協会の母体(株)経済法令研究会のサイトにて、常にアップデートされていますので、下記リンクより参照ください。

経済法令研究会より

全試験種目の試験日と試験時間

株式会社CBT-Solutionsより

CBT方式試験の申し込み

お問い合わせは
銀行業務検定協会
(経済法令研究会 検定試験運営センター)
〒162-8464 東京都新宿区市谷本村町3-21
電話 03-3267-4821
月~金(祝日除く)10:00~15:00
FAX 03-3267-4999

年金アドバイザー4級の勉強方法。公式テキスト、過去問と通信教育

勉強方法と勉強時間

金融機関に働いている、または目指す学生の方々が受験と考えた場合に、 年金アドバイザー4級試験問題の難易度が、少々低すぎるように思います。

それでも不合格の人が出る、その理由は例えば銀行から受験の指示を受け、とりあえず試験の申し込みはしていたが、まったく受験準備をしていなかった。

このような例は多いはずです。

試験内容およびその難易度の実際は、独学であれ通信講座であっても、勉強方法を間違えなければ年金アドバイザー3級であっても30時間の勉強で合格できるレベルですので、4級だけではなく3級もCBTもありますので、同時期に両方の受験をおすすめします。

独学

以下は過去問重視の独学、勉強方法ですが参考にしてください。

・テキストにとりあえず目を通す
・過去問1回分を90分で行う
・即採点(当初は点数を気にしない)
・解説文の熟読
・間違った部分のテキスト参照とノート作成
・できる範囲で多くの過去問を行う
・以上を同じ過去問で常に満点になるまで反復周回する
・模擬問題集で自己の実力を調べる。

年金アドバイザー4級 公式サイト紹介のテキスト1

年金アドバイザー4級 公式サイト紹介のテキスト2

年金アドバイザー4級 過去問と解説1

年金アドバイザー4級 過去問と解説2

おすすめの通信講座。2021年3月試験の合格実績86.5%

この講座は年金アドバイザー3級が対象です。

費用は28,800円。

勉強時間は30時間です。

受講者合格率86.5%(2021年3月試験実績)!高い合格率を誇る年金アドバイザー3級通信講座とは? 

銀行業務検定、各試験の詳細ページ

融資管理3級

金融商品取引3級

法務2級

法務3級

法務4級

財務2級

財務3級

財務4級

税務2級

税務3級

税務4級

年金アドバイザー2級

年金アドバイザー3級

年金アドバイザー4級

受講者合格率86.5%(2021年3月試験実績)!高い合格率を誇る年金アドバイザー3級通信講座とは?

証券3級

信託実務3級

金融リスクマネジメント2級

営業店マネジメントⅠとⅡ

経営支援アドバイザー2級

窓口セールス3級

法人融資渉外2級と3級

事業性評価3級

個人融資渉外3級

デリバティブ3級

事業承継アドバイザー3級

CBT DXサポート

CBT サステナブル経営サポート

外国為替2級・3級

金融経済3級

投資信託3級・2級

預かり資産アドバイザー2級・3級

保険販売3級

相続アドバイザー2級

相続アドバイザー3級

関連資格

銀行業務検定試験(銀検)の一覧

金融業務能力検定の一覧

金融AMLオフィサー、金融コンプライアンス オフィサー認定試験の一覧。

社会保険労務士

日商簿記検定1級・2級・3級

金融窓口サービス技能士

ファイナンシャルプランニング技能士の一覧

FP3級試験。FP協会に申し込み

FP3級試験。きんざいに申し込み

FP2級の合格率と難易度/偏差値

FP1級の合格率と難易度/偏差値

・Amazonが提供するKindle Unlimited 全てのジャンル200万冊以上が読み放題
初めての利用は30日間の無料体験

Kindle Unlimited 30日間無料体験

・みんな嬉しいAmazonプライムは、買物の配送無料、話題の映画・ドラマ・アニメが見放題、読み放題の書籍が多数。

Amazonプライム30日間の無料体験

・学生なら、さらに嬉しい6か月無料で、それ以降250円/月

Amazon Prime Student

・プロの音声で聴く学習 Amazon audible 30日間無料

Amazon Audible

・プロの音声で聴く学習 audiobook.jp

オーディオブック配信サービス – audiobook.jp

・いろいろなスマホとPCに対応のKindle無料読書アプリ

Kindle 無料読書アプリ

資格一覧。偏差値でランキング表示に移動

ホームに移動

タイトルとURLをコピーしました