第一種・第二種 作業環境測定士。試験の合格率と難易度/偏差値

国家資格

作業環境測定士とは、鉛や放射性物質、鉱物などの粉塵等が発生する作業場をサンプリング測定し、その作業環境を分析し改善する専門家です。

作業環境測定士は国家資格の中の業務独占資格で、作業場における作業環境の維持管理を図り、労働者の健康保持を目的とします。

第一種作業環境測定士はデザイン・サンプリング、分析の全てを行う事ができ、第二種作業環境測定士はデザイン・サンプリング、簡易測定器による分析業務のみができます。

※本サイトはプロモーション(PR)が含まれています。

試験の合格率と難易度/偏差値

第一種作業環境測定士の合格率と難易度/偏差値

第一種作業環境測定士試験の合格率は61.4%から72.3%、試験の難易度は偏差値表示で51です。

第一種受験者数合格者数合格率
令和4年度
2022年
93562166.4%
2021年90962769.0%
2020年81850261.4%
2019年1,07477772.3%
2018年1,10071865.3%
第一種作業環境測定士の合格率と難易度/偏差値

第二種作業環境測定士の合格率と難易度/偏差値

第二種作業環境測定士試験の合格率は35.8%から43.3%、試験の難易度は偏差値表示で48です。

第二種受験者数合格者数合格率
令和4年度
2022年
1,384581
615
42.0%
2021年1,22944035.8%
2020年1,05945943.3%
2019年1,29753241.2%
2018年1,45360341.5%
第二種作業環境測定士の合格率と難易度/偏差値

※令和4年度試験において
第二種作業環境測定士の合格者数欄の下段は、第一種試験を申請、受験した者で第二種試験にのみ合格した者27名及び第二種試験科目のうち一部科目について合格点を得て、科目免除を受けた後に当該科目以外の全ての科目が免除となる他の資格を取得し今回の第二種試験を受験申請したため、第二種試験合格として取り扱った者7名を含む合格者数です。

試験の概要

申し込みと試験日

申し込み:5月下旬から6月下旬
試験日:第一種、第ニ種、8月下旬
試験日:第一種のみの選択科目、8月下旬

申し込み:11月上旬から12月上旬
試験日:第二種、翌年2月中旬

受験資格

  • 大学、専門(理系)卒業と1年以上の実務経験
  • 高校(理系)卒業者と3年以上の実務経験
  • 高校(理系以外)卒業と5年以上の実務経験
  • 8年以上の実務経験者 。

主要な受験資格は上記だが、それ以外や細かな規定も多数あるため必ず公式サイトを参照する事。

合格基準

第一種、第二種の共に、科目ごとに満点の60%以上の正答率で合格となる絶対評価を基本としている。

第一種作業環境測定士の試験科目

共通科目

労働衛生一般
労働衛生関係法令
デザイン・サンプリング
分析に関する概論

選択科目

共通科目の科目に加えて、取得しようとする種別に応じて下記の選択科目は、1科目から最大5科目まで同時受験が可能です。

鉱物性粉じん
放射性物質
特定化学物質
金属類
有機溶剤

第二種作業環境測定士の試験科目

労働衛生一般
労働衛生関係法令
デザイン・サンプリング
分析に関する概論

科目など免除

指定された資格者は免除規定があり、こちらをご覧下さい。

なお医師、歯科医師、薬剤師は全科目が免除されます。

公式サイト

公益財団法人 安全衛生技術試験協会
〒101-0065
東京都千代田区西神田3-8-1 
千代田ファーストビル東館9階
電話:03-5275-1088

本部、各センターのご案内

登録申請から登録証発行まで

登録申請から登録証発行までの手続は、以下の①~⑥ですが、その詳細は

安全衛生技術試験協会、はじめて申請のページを参照ください。

① 作業環境測定士登録申請書(様式第1号)を入手す。

② 添付書類を準備。 

③ 手数料を納付。 

④ 登録免許税を納付。    

⑤ 試験協会に書類を提出。    

⑥ 試験協会から申請者に登録証を送付。

過去問、テキスト、参考書

この第段落内はプロモーション(PR)です。

紙の試験対策本(PR)

作業環境測定士試験対策の書籍1

作業環境測定士試験対策の書籍2

電子書籍、試験対策本(PR)

隙間時間にスマホで勉強

電子書籍、作業環境測定士試験対策kindle本

・Amazonが提供するKindle Unlimited 全てのジャンル200万冊以上が読み放題
初めての利用は30日間の無料体験

Kindle Unlimited 30日間無料体験

・いろいろなスマホとPCに対応のKindle無料読書アプリ

Kindle 無料読書アプリ

関連資格

以下免除項目に関連し

第一種衛生管理者

臨床検査技師

診療放射線技師

なお、医師、歯科医師、薬剤師は全科目が免除されます。

全資格一覧。難易度・偏差値順に移動

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

ホームに移動

コメント

タイトルとURLをコピーしました