航空管制官。採用試験の合格率と難易度

国家資格

航空管制官になるには、航空管制官採用試験に合格し、国土交通省に採用された国家公務員となる必要があります。

仕事は航空交通の安全と、秩序ある流れを確保する目的で、空港の管制塔などから、あらゆる指示を主に操縦士に送る、航空交通管制業務を行う業務独占資格です。

航空管制官採用試験の合格採用後は、航空保安大学校で8か月間の基礎研修を受け、その後に全国各地の空港や、航空交通管制部に配属されます。

合格率

航空管制官の合格率は5.0%から19.9%です。

年度応募者数合格者数合格率
2022年4288519.9%
2021年839425.0%
2020年767415.3%
2019年91210511.5%
2018年1,01513313.1%
航空管制官の合格率

合格率の詳細

航空管制官採用試験 実施状況2022年度より

以下の受験者数は、第1次試験、第2次試験又は第3次試験のそれぞれ最後の試験種目を受験した人数。

2022年度1次試験の合格率

受験者数合格者数合格率
42816338.1%
2022年航空管制官1次試験の合格率

2022年度2次試験の合格率

受験者数合格者数合格率
1519764.2%
2022年航空管制官2次試験の合格率

2022年度3次試験の合格率

最終受験者数最終合格者数合格率
968588.5%
2022年航空管制官3次試験の合格率

最終合格者数85名の内42名が女性でした。

難易度/偏差値

航空管制官採用試験の難易度は偏差値表示で65です。

航空保安大学校

航空保安大学校、航空管制科で研修

航空管制官採用試験の合格採用後は、航空保安大学校(大阪府泉佐野市)で座学やシミュレーターを使った基礎研修を8か月間受けます。

基礎研修修了後は、全国各地の空港や札幌・東京・神戸・福岡にある航空交通管制部に配属されます。また、転勤(人事異動)は数年ごとに全国規模で行われます。

国土交通省より

航空保安大学校、その他の学科

航空保安大学校学生とは、航空交通管制業務の技術者を養成する航空保安大学校で学ぶ学生です。

試験に合格し入学後は学生ですが、身分は国家公務員ですので給与・賞与等も支給されます。

入試時点より学科が分かれており、航空情報科は航空通信や航空情報の提供および運航管理。

航空電子科は航空管制システムの運用・管理などです。

航空保安大学校学生。入試の合格率/倍率と難易度/偏差値

航空管制官採用試験の概要

申し込み

試験日
申し込み:3月中旬から4月上旬

第1次試験:
筆記試験、英語ヒアリング
6月上旬

第2次試験:
英会話試験、個別面接
7月上旬

第3次試験:
適性試験、身体検査
8月下旬
試験地第1次試験
札幌市、岩沼市、東京都、新潟市、
名古屋市、泉佐野市、広島市、
松山市、福岡市、宮崎市、那覇市

第2次試験
札幌市、東京都、泉佐野市、
福岡市、那覇市

第3次試験
泉佐野市
受験資格あいうえお
受験資格21歳以上30歳未満の者
21歳未満の者で次に掲げるもの
(ア) 大学を卒業した者及び
試験年度の3月までに大学を
卒業する見込みの者、
並びに人事院がこれらの者と
同等の資格があると認める者

(イ) 短期大学又は高等専門学校を
卒業した者及び試験年度の3月までに
短期大学又は高等専門学校を卒業する
見込みの者並びに人事院が
これらの者と同等の資格があると
認める者

以下のいずれかに該当する者は
受験できません。

(1) 日本の国籍を有しない者。

(2) 国家公務員法第38条の規定により
国家公務員となることができない者。
禁錮以上の刑に処せられ、その執行を
終わるまでの者又はその刑の
執行猶予の期間中の者その他その
執行を受けることがなくなるまでの者。
一般職の国家公務員として懲戒免職の
処分を受け、その処分の日から2年を
経過しない者。
日本国憲法又はその下に成立した
政府を暴力で破壊することを主張する
政党その他の団体を結成し、又はこれに
加入した者。

(3) 平成11年改正前の民法の規定
による準禁治産の宣告を
受けている者
(心神耗弱を原因とするもの以外)。
試験内容第1次試験
・基礎能力試験
多肢選択式 40題:2時間20分
・適性試験I部
多肢選択式 60題:45分
・外国語試験
聞き取り 10題:約40分
・外国語試験
多肢選択式 30題:2時間

第2次試験
・外国語試験
英会話面接
・人物試験
人柄、対人的能力など

第3次試験
・適性試験II部
航空管制官として必要な記憶力、
空間把握力の航空管制業務
シミュレーションによる試験

・身体検査
主として胸部疾患
胸部エックス線撮影
血圧、尿、その他一般内科系検査

・身体測定
視力、色覚、聴力の測定
受験料無料
合格基準学科試験は
科目ごとに、100点満点の
70点以上で合格。
合格発表最終合格者の発表は10月上旬
主催

問合せ
人事院
国土交通省 航空保安大学校 教務課
〒598-0047
大阪府泉佐野市りんくう往来南3-11
電話 072-458-3917

航空保安大学校教務課
072-458-3917
人事院人材局試験課
03-3581-5311(内線2332、2333)

人事院北海道事務局 011-241-1248
人事院東北事務局 022-221-2022
人事院関東事務局 048-740-2006~8
人事院中部事務局 052-961-6838
人事院近畿事務局 06-4796-2191
人事院中国事務局 082-228-1183
人事院四国事務局 087-880-7442
人事院九州事務局 092-431-7733
人事院沖縄事務所 098-834-8400
航空管制官。採用試験の概要

過去問・テキスト・参考書

・Rakuten Books:

航空管制官の過去問・テキスト

・Amazon:

航空管制官の過去問・テキスト

航空管制官の電子書籍Kindle本

・上の0円表示はAmazonが提供するKindle Unlimited 全てのジャンル200万冊以上が読み放題初めての利用は30日間の無料体験

Kindle Unlimited 30日間無料体験

・いろいろなスマホとPCに対応のKindle無料読書アプリ

Kindle 無料読書アプリ

・みんな嬉しいAmazonプライムは、買物の配送無料、話題の映画・ドラマ・アニメが見放題、読み放題の書籍が多数。

Amazonプライム30日間の無料体験

・学生なら、さらに嬉しい6か月無料で、それ以降250円/月

Amazon Prime Student

・プロの音声で聴く学習 Amazon audible 30日間無料

Amazon Audible

関連資格

航空保安大学校学生

航空従事者の一覧

無線の資格一覧

資格一覧を取得の難易度と偏差値でランキング表示

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

ホームに移動

コメント

タイトルとURLをコピーしました