丙種化学(液化石油ガスと特別試験科目)高圧ガス製造保安責任者。合格率と難易度/偏差値。

国家資格

高圧ガス製造保安責任者試験のカテゴリ「丙種化学」の2種、液化石油ガスと特別試験科目です。

各試験の合格率は(科目)免除者人数を多く含み40%~50%程度で推移しています。

しかしこの総計の合格率は科目免除を含む数字です。

ここにおいての液化石油ガスと特別試験科目も例外ではありませんので、一発合格の難易度を考える場合は、両試験共に下表の全科目受験の合格率に注目してください。

令和3年度を例にして、丙種化学(液化石油ガス)18.0%、丙種化学(特別試験科目)20.8%が全科目受験の合格率です。

試験の難易度としては液化石油ガスと特別試験科目、両者ともに偏差値表示で47です。

丙種化学(液化石油ガス)責任者試験の合格率

科目別の合格率

全科目受験なのか、科目免除を使うのかで合格率が大きく変わります。

説明のための例として丙種化学(液化石油ガス)令和3年度分の試験結果が以下で、全科目受験の場合は18.0%、科目免除の分は93.7%、合計の合格率は43.4%です。

令和3年度
丙種化学(液石)・種別
受験者数合格者数合格率
全科目受験2,625名473名18.0%
科目免除1,326名1,242名93.7%
3,951名1,715名43.4%
令和3年度 高圧ガス製造保安責任者・丙種化学(液化石油ガス)責任者の合格率

近年の合格率と難易度/偏差値、丙種化学(液化石油ガス)

高圧ガス製造保安責任者試験、丙種化学(液化石油ガス)の合格率は2018年が35.1%、2019年が38.5%、2020年が27.7%、2021年が43.4%です

丙種化学(液化石油ガス)の難易度としては偏差値表示で47です。

試験年度受験者数合格者数合格率
2021年
令和3年
3,951名1,715名43.4%
2020年3,300名913名27.7%
2019年3,755名1,444名38.5%
2018年3,840名1,347名35.1%
高圧ガス製造保安責任者試験、丙種化学(液化石油ガス)の合格率

※全科目受験数と科目免除受験者数を合計した「合計の数字」を採用しています。

丙種化学(液化石油ガス)責任者の書籍

丙種化学(特別試験科目)責任者試験の合格率

科目別の合格率

全科目受験なのか、科目免除を使うのかで合格率が大きく変わります。

説明のための例として丙種化学(特別試験科目)令和3年度分の試験結果が以下で、全科目受験の場合は20.8%、科目免除の分は89.4%、合計の合格率は52.7%です。

令和3年度
丙種化学(特別)・種別
受験者数合格者数合格率
全科目受験2,546名529名20.8%
科目免除2,206名1,973名89.4%
4,752名2,502名52.7%
令和3年度 高圧ガス製造保安責任者・丙種化学(特別)責任者の合格率

近年の合格率と難易度/偏差値、丙種化学(特別試験科目)

高圧ガス製造保安責任者試験、丙種化学(特別試験科目)の合格率は2018年が54.7%、2019年が51.8%、2020年が38.8%、2021年が52.7%です。

丙種化学(特別試験科目)の難易度としては偏差値表示で47です。

試験年度受験者数合格者数合格率
2021年
令和3年
4,752名2,502名52.7%
2020年3,400名1,320名38.8%
2019年5,245名2,718名51.8%
2018年5,517名3,016名54.7%
高圧ガス製造保安責任者試験、丙種化学(特別試験科目)の合格率

※全科目受験数と科目免除受験者数を合計した「合計の数字」を採用しています。

丙種化学(特別試験科目)責任者の書籍

丙種化学(液化石油ガスと特別試験科目)の試験概要

試験概要

資格種類国家資格
必置資格
業務独占資格
名称独占資格
受験資格制限なし
難易度
偏差値
丙種化学(液石):47
丙種化学(特別):47
試験科目丙種化学(液化石油ガス)
・高圧ガス保安法に係る法令
(択一式:20問/60分)
・ 液化石油ガスの製造に
必要な通常の保安管理の技術
(択一式:20問/90分)
・液化石油ガスの製造に
必要な通常の応用化学
及び基礎的な機械工学
(択一式:20問/120分)

丙種化学(特別試験科目)
・高圧ガス保安法に係る法令
(択一式:20問/60分)
・ 高圧ガスの製造
(冷凍のための製造を除外)
に必要な基礎的な
保安管理の技術
(択一式:20問/90分)
・ 高圧ガスの製造に必要な
基礎的な応用化学
及び基礎的な機械工学
(択一式:20問/120分)
合格率合格率は
・全科目受験
・科目免除
2パターンがあるので
上記表を参照
科目免除・法令免除
・保安管理技術及び学識免除
・全科目免除
などの免除制度があり
公式サイト参照を参照
合格基準得点率が60%前後
試験日
日程
願書受付8月中旬~9月上旬頃
試験日11月第2日曜日
試験地知事試験会場:
乙種・丙種化学、乙種機械、
第二種冷凍機械、
第三種冷凍機械
全国約49箇所
受験料甲種化学、甲種機械、
第一種冷凍機械
電子申請:12,700円
書面申請:13,200円

乙種化学、乙種機械
第二種冷凍機械
電子申請:8,800円
書面申請:9,300円

丙種化学(液石)
丙種化学(特別)
第三種冷凍機械
電子申請:8,200円
書面申請:8,700円
問合せ高圧ガス
保安協会試験センター
電話 03-3436-6106
公式
サイト
高圧ガス保安協会
丙種化学(液化石油ガスと特別試験科目)高圧ガス製造保安責任者、試験概要

高圧ガス製造保安責任者の講習について

以下のスケジュールが公式サイトに記載され更新されています。

講習・検定の公式ページ

・講習の予定表・申込先
・講習検定試験の試験問題、正解答、合格者番号の公表
・一部免除講習(製造・販売)のご案内
・法定資格取得のための講習のご案内
・義務講習のご案内

丙種化学(液化石油ガス)責任者の選任範囲

LPガスの製造に係る保安の統括的又は実務的な業務を行う方に必要な資格です。

製造施設の規模で保安技術管理者に選任される場合は制限を受けます。

保安主任者及び保安係員に選任される場合は、その規模の制限はありません。

また、一定以上の経験を有している人は、LPガス以外の高圧ガス製造施設の保安係員にも選任されることができます。

丙種化学(液石)
保安技術管理者○※2
保安主任者○※3
保安係員○※3
販売主任者○※3
移動監視者
取扱主任者
容器検査主任者
丙種化学(液化石油ガス)責任者の選任範囲

○:選任可、×:選任不可

※2:処理能力が100万m3/日未満のLPガス事業所に限り選任できる

※3:LPガスに限り選任できる。一般高圧ガスの保安係員への選任については都道府県に確認が必要。 

丙種化学(特別試験科目)責任者の選任範囲

石油化学コンビナートなどの製造事業所、充てん事業所、天然ガススタンドなどで、製造に係る保安の実務的な業務を行うに必要な資格です。

高圧ガスの種類と製造施設の規模については制限はありませんが、この免状は保安係員のみに選任されます。

丙種化学(特別)
保安技術管理者×
保安主任者×
保安係員
販売主任者×
移動監視者
取扱主任者
容器検査主任者
丙種化学(特別試験科目)責任者の選任範

○:選任可、×:選任不可

丙種化学(液化石油ガスと特別試験科目)の勉強方法

過去問・参考書・テキスト

一般書籍

高圧ガス 丙種化学 液石

高圧ガス 丙種化学 液石2

高圧ガス 丙種化学 特別

高圧ガス 丙種化学 特別2

すき間時間に電子書籍

電子書籍kindle高圧ガス製造保安責任者、0円多数

・Amazonが提供するKindle Unlimited 全てのジャンル200万冊以上が読み放題
初めての利用は30日間の無料体験

Kindle Unlimited 30日間無料体験

・みんな嬉しいAmazonプライムは、買物の配送無料、話題の映画・ドラマ・アニメが見放題、読み放題の書籍が多数。

Amazonプライム30日間の無料体験

・学生なら、さらに嬉しい6か月無料で、それ以降250円/月

Amazon Prime Student

・プロの音声で聴く学習 Amazon audible 30日間無料

Amazon Audible

・プロの音声で聴く学習 audiobook.jp

オーディオブック配信サービス – audiobook.jp

・いろいろなスマホとPCに対応のKindle無料読書アプリ

Kindle 無料読書アプリ

関連資格

高圧ガス製造保安責任者の一覧

甲種化学と甲種機械

乙種化学と乙種機械

丙種化学(液化石油ガス)

丙種化学(特別試験科目)

第三種冷凍機械責任者免状

ガス主任技術者試験

高圧ガス販売主任者

資格一覧を取得の難易度と偏差値でランキング表示

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

ホームに移動

コメント

タイトルとURLをコピーしました