必置資格

必置資格とは、その企業や事業所において、業務独占資格、名称独占資格2つのどちらに分類されるかに関わらず、資格取得者を最低1人または、複数人必ず配置しなくてはならないことが各法律、法令で規定されており、設置義務資格とも言われている。

国家資格

高圧ガス移動監視者の講習に申し込み。修了試験の合格率と難易度

高圧ガス移動監視者とは、一定量以上の高圧ガス(可燃性ガス、酸素、毒性ガス、LPガスなど)をタンクローリーやトラック等による容器のばら積みなどで車両移動する際に、移動車両に同乗し、輸送の監視に必要な国家資格であり必置資格です。 この業...
国家資格

食品衛生管理者の講習に申し込み。資格の取り方と修了試験の難易度

食品衛生管理者とは、食品衛生法第48条の規定により、食品衛生法施行令第13条の食品又は添加物を製造または加工する施設に資格者を配置することを義務づけられた国家資格であり、その中の必置資格および業務独占資格です。 誤解や混同を避けるた...
国家資格

ガス溶接作業主任者の合格率と難易度

作業はアセチレン溶接、ガス集合溶接装置を用いて金属の溶接・切断・加熱などですが、ガス溶接作業主任者とは、その作業方法の決定・指揮をする責任者です。 ガス溶接作業主任者は、国家資格の中の必置資格および業務独占資格ですので、労働安全衛生...
国家資格

浄化槽管理士になる試験または講習の選択。過去問で独学の合格率と難易度

浄化槽管理士とは浄化槽法第46条に基づく国家資格でその中の業務独占資格、名称独占資格、および必置資格です。 業務は水質汚濁防止を目的としての浄化槽の点検と保守の専門家です。 この国家資格を取得するためには、国家試験に合格または...
国家資格

【国家資格】安全管理者の選任と専任。講習(研修)の問合せと難易度。

安全管理者とは、国家資格者であり必置資格です。 安全衛生業務のうち安全に係る技術的事項を管理する者であって、法定の業種で常時50人以上を使用する事業場ごとに、安全管理者の資格を有する者から選任する必要があります。 選任が必要な...
国家資格

警備業務検定1級・2級試験の合格率と難易度

あらゆる現場においての事故と犯罪抑止を目的とする、国家試験である警備業務検定は以下の6業務に分かれ、さらに各1級と2級に分かれます。 警備業法において、特定の警備業務を行う場合には検定合格証明書の交付を受けている警備員が警備業務を実...
公的資格

予防技術検定の合格率と難易度

予防技術検定とは、公的資格の「予防技術資格者」となるための検定試験で、この資格者は消防署などに必ず1人は配置しなくてはならないとされている必置資格で、消防関連職員方々の受験がほとんどです。 予防技術検定試験の合格と一定の業務経験を積...
国家資格

【国家資格】特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者の技能講習と修了試験

特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者となる要件は、厚生労働省が指定する登録教習機関にて、特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者技能講習を受講して、修了試験に合格すると修了証(写真入りプラスチックカード)が発行されます。 資格と...
国家資格

指定自動車教習所指導員の合格率と難易度

指定自動車教習所指導員とは、多くは「教習指導員」と呼ばれたり記載されることが通常で、道路交通法第99条の3の規定に基づき「教習指導員資格者証」を交付された教習指導および技能検定を行うことができる国家資格者です。 資格の区分けとして、...
国家資格

火薬類取扱保安責任者、甲種と乙種の合格率と難易度。過去問と試験問題解答、香川本。

火薬類の製造および取扱いを責任を持って取扱いの指揮・監督、消費量、保安などを担う専門家です。 火薬類取扱事業者、火薬類取扱作業者は、火薬庫ごとまたは消費場所ごとに必ず保安責任者の設置が義務付けられていますので、火薬類取扱保安責任者は...
国家資格

無線の資格一覧。種類と合格率/難易度

以下無線従事者は全て国家資格です。 これら国家試験の受験資格に制限は無くどなたでも申し込みが出来ます。 それぞれの種類の無線資格で操作できる無線設備と国家試験の合格率・難易度を以下にお知らせします。 無線従事者資格一覧と...
国家資格

総合無線通信士。第1級・第2級・第3級試験の合格率と難易度

総合無線通信士とは一般的に「総通」と略称されていて海上、航空および陸上の無線局の無線設備操作を行うことができる総合的な無線資格を持つもので、操作対象の無線設備により第一級から第三級に分かれる(一総通、二総通、三総通)国家資格者であり、業務...
国家資格

海上無線通信士1級・2級・3級・4級の合格率と難易度。試験の英語対策と過去問

海上無線通信士とは、海上関係無線局の設備操作を行うための資格で、業務独占資格、必置資格および名称独占資格です。 海上無線通信士の資格は第1級から第4級に分かれ、第1級から第3級はGMDSS対応無線局、第4級は国内通信のための無線従事...
国家資格

海上特殊無線技士1級・2級・3級の国家試験とCBT。試験の合格率と難易度

資格種別は第一級から第三級までの海上特殊無線技士、レーダー級海上特殊無線技士があり、第一級から第三級は、それぞれ一海特、二海特、三海特という呼称が多く使われます。 海上特殊無線技士とは、もともとは船舶のレーダ操作、海上無線交信にてV...
国家資格

アマチュア無線技士1級・2級とCBT3級4級。試験問題の難易度と合格率

アマチュア無線技士とは、指定の範囲で無線操作を行える資格。 取得する級によって扱える周波数、空中線電力、電波の種類が異なります。 資格区分は第1級~第4級に分かれ、それぞれの資格の無線従事者が操作することができる周波数などを下...
国家資格

航空無線通信士の合格率と難易度。過去問と独学、英語試験対策

航空無線通信士とは、国家資格であり業務独占資格、必置資格および名称独占資格です。 「航空通」とも呼ばれ無線従事者の一カテゴリで、航空会社のパイロットや地上での無線通信業務、航空交通管制業務の従事に必要な資格です。 航空無線通信...
国家資格

一般計量士と環境計量士(濃度関係/騒音・振動関係)国家試験。合格率と難易度、過去問とテキスト

計量士は国家資格で業務独占および必置資格です。 一般計量士とは環境関連以外の物象の状態と量に係わる計量及び計量管理が職務で、生産工場や食品売り場等にて使用されるや質量計、長さ計、体積計、温度計などの精度管理や計量管理を行います。 ...
国家資格

陸上無線技術士1級と2級。「一陸技」「二陸技」試験の過去問と合格率、難易度/偏差値

陸上無線技術士は電波法第40条に定められる国家資格者で英語表記は「Technical Radio Operator for On-The-Ground Services」、基幹放送局においては必置資格になり無線設備の技術操作及び設備管理を...
国家資格

公務員の職種と種類の一覧。採用試験の合格率/倍率・難易度/偏差値

公務員の種類と職種の一覧です。 国家公務員の「総合職」「一般職」「専門職」、地方公務員の大卒程度の「上級」、短大卒程度の「中級」、高卒程度の「初級」および公務員の専門職の合格率/倍率や難易度/偏差値などを一覧にしてお知らせします。 ...
国家資格

陸上特殊無線技士1級、2級・3級CBTと公募養成課程。国家試験の合格率と難易度

陸上特殊無線技士は国家資格の中、業務独占資格、必置資格、名称独占資格です。 携帯電話の基地局にある無線設備を操作できる「第1級陸上特殊無線技士」の資格取得をお勧めします。 5GとIoT化、その先にある将来の技術にも関連した、こ...
タイトルとURLをコピーしました