乙種第4類 危険物取扱者(乙4)の合格率と難易度/偏差値。

国家資格

危険物取扱者は国家資格の中の必置資格でもあり業務独占資格で、危険回避および安全確保の非常に重要な資格ですので安定した求人需要があります。

危険物取扱者試験を最初に受験する際に多くの人が目指す、危険物取扱者乙種第4類(乙4)試験の合格率は近年で39%、難易度は偏差値表示で47で、その詳細は下に記載します。

しかし受験者が社会人の場合に、この合格率の数字をそのまま理解するのは良くないと考えております。

その理由は勉強生活から長く離れた社会人の合格率が低いからです。

この事から危険物取扱者、乙種第4類(乙4)の勉強方法として、受験者が学生又はそれに近い世代の場合は独学での合格が現実的ですが、受験者が社会人で仕事が忙しい方々には効率よく理解し、1回合格を前提として通信講座をおすすめし下に記載いたします。

危険物取扱者の中でも更に需要が多い引火性液体(ガソリン、灯油、軽油、エタノールなど)を取り扱う事が資格が乙種第4類(乙4)です。

合格基準に関しては甲種、乙種及び丙種危険物取扱者試験ともに、各試験科目の成績が、それぞれ60%以上の得点で合格です。

このようなデータから分かる事、短い勉強時間で効果的な勉強方法を以下にお知らせします。

乙種第4類の合格率と難易度

取扱品目

引火性液体(ガソリン、灯油、軽油、エタノールなど)

合格率

危険物取扱者乙4、近年の平均的な試験合格率は39%です。

年度受験者数合格者数合格率
令和3年度
令和2年度200,87677,46638.6%
平成31年
~令和元年
221,86785,66938.6%
平成30年度240,10293,66739.0%
危険物取扱者乙4・近年の合格率推移

※年度=当年4月1日~翌年3月31日

難易度/偏差値

危険物取扱者乙4、試験の難易度は偏差値表示で47です。

試験結果に対しての合格基準

相対評価と絶対評価

国家資格である危険物取扱者は言うまでもなく、危険回避、安全確保のための国家資格です。

ゆえに合格基準は一定以上の知識と技術を持っているかどうかを試験で判断するという事なのですが、世に多くある資格試験の合否判定は「相対評価」と「絶対評価」があります。

「相対評価」は受験者集団の「上位〇〇%が合格」という方法で同時に受験した人々がライバルになります。

かたや「絶対評価」は「〇〇%以上の正答率で合格」という方法で一定のレベルをクリアしていれば何人でも合格にするスタイルです。

乙4は絶対評価

60%以上の正答率で何人でも合格できる乙4は絶対評価です。

何人受験したかとか、受験者集団が優秀かどうかというのは関係ありません。

一定以上の知識と技術を試験で示せば合格になるのが危険物取扱者、乙種第4類の試験です。

試験のスタイルとして、考え方のイメージとして類似している例は自動車運転免許です。

試験の評価、乙種第4類(乙4)

合格率と偏差値の関連

乙4は絶対的に求人需要が有る国家資格であり、その中で必置資格でもあり業務独占資格というフルスペックとも言える、非常に有益な資格です。

その試験の難易度が偏差値表示で47でありながら、合格率が39%程度なのです。

仮に偏差値が50であれば合格率が50%になるというのが一般的な基準です。

この乙4試験の場合は偏差値47なので合格率は60%に近づいても良いのですが、しかし現実の合格率は39%程度です。

これはどういう事でしょうか?

容易に推察できる、あるいは自分が知っている数例から見て取れる、この理由の結論は乙4受験者集団の中、そしてその社会人グループの中の多くの受験生が「勉強していない」のです。

勉強時間と勉強方法

受験者集団の中、多くの人が社会人で、現場で働いています。

・会社から乙4を取るように言われた。

・仕事で疲れている

・勉強方法が分からない

このような人たちが多いのが乙4の特徴でもありますので、これを克服するためには、「短時間で効果的な勉強方法」を選択するのが受験で合格するための鍵になります。

すぐにでも資格を必要とする社会人の受験生、勉強時間を一か月、勉強方法を低コストの通信講座と仮定して下記を参照してください。

乙4の独学

乙種試験の科目合格

乙種第4類は38%前後の合格率なのに、なぜ乙種ほかの類は60%以上の合格率なのかと疑問に思う人がいるのですか、これは簡単な理由です。

最初は皆、乙4から受験します。

その後に他の類を受験するときは乙4を持っているので科目免除を利用選択する人が、ほとんどだからです。

乙4に合格後は「危険物の性質並びに火災予防及び消火の方法。35分、10問」だけで受験できます。

その結果、危険物取扱者、乙種試験の科目合格に限れば合格率60%以上です。

この乙4合格率39%と、他乙種の合格率60%以上の違いは言うまでもなく、「試験範囲の広さ」と「一定範囲にかける勉強時間」という事になります。

学生は独学

上記載の事から受験される方が学生の場合、特に理系、化工系の場合は最低限の参考書と過去問で容易に合格できるのが乙種の難易度です。

・過去問を周回し、全ての回を満点レベルにする。

・過去問の解説文を熟読し理解する。

・一通り読むテキストは最新のものを利用する事

低コストの通信講座

社会人の合格率の実態

上に書きましたが

会社から乙4を取るように言われた。

しかし仕事で疲れている。

勉強方法が分からない。

このような人々が受験集団の中に一定数と言うよりは、かなりの数を占めています。

38%という合格率は現役学生の受験生を含めての事ですから、現場で働く社会人受験生の合格率に限った場合は、かなり低い数字になります。

社会人受験生の通信講座

暫定一か月の勉強時間、「短時間で効率の良い勉強方法」が目的になります。

勉強時間や勉強方法で、どうしようか考えているうちに一か月くらいはすぐに経過してしまいます。

試験自体の難易度が高いわけではありませんので、低コストの通信講座で問題ありません。

考えるより試してみましょう。

低コスト優良通信講座

980円/月

月額定額サービス【ウケホーダイ】

おすすめの通信講座、乙4は4950円です。

乙種4類合格コース

実績の通信講座

資格取得のプロが教える危険物取扱者の通信講座とは?

生涯学習のユーキャン 

技術講座専門のJTEX

過去問、参考書、テキスト

テキストと過去問、問題集

テキストと過去問、問題集その2

隙間時間にスマホで勉強

乙4類の電子書籍、0円表示あり

・Amazonが提供するKindle Unlimited 全てのジャンル200万冊以上が読み放題
初めての利用は30日間の無料体験

Kindle Unlimited 30日間無料体験

・みんな嬉しいAmazonプライムは、買物の配送無料、話題の映画・ドラマ・アニメが見放題、読み放題の書籍が多数。

Amazonプライム30日間の無料体験

・学生なら、さらに嬉しい6か月無料で、それ以降250円/月

Amazon Prime Student

・プロの音声で聴く学習 Amazon audible 30日間無料

Amazon Audible

・プロの音声で聴く学習 audiobook.jp

オーディオブック配信サービス – audiobook.jp

・いろいろなスマホとPCに対応のKindle無料読書アプリ

Kindle 無料読書アプリ

受験の申し込みと試験日、受験料

全種、都道府県ごとに日程を要確認

一般財団法人 消防試験研修センター
本部 〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-2
大同生命霞が関ビル19階
電話 03-3597-0220

消防試験研究センター

関連資格

危険物取扱者の一覧(甲種、乙種、丙種)

危険物取扱者 甲種

乙種第1類(乙1)

乙種第2類(乙2)

乙種第3類(乙3)

乙種第4類(乙4)

乙種第5類(乙5)

乙種第6類(乙6)

危険物取扱者 丙種

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

資格一覧を取得の難易度と偏差値でランキングに移動

ホームに移動

コメント

タイトルとURLをコピーしました