信託実務3級のCBTと公開試験の違い、難易度と合格率。過去問題集で対策。

民間資格

銀行業務検定試験の信託実務3級は、合格基準が6割正答率以上の絶対評価なのですが、試験の難易度にバラツキがあるため合格率が上下します。

受験に向けての勉強時間は2~4週間。

試験は過去問の類似問題であることが多いで、過去問&問題解説集を3周以上を周回する事と、その結果の満点維持が受験結果の合格に繋がります。

信託実務3級の試験日程と申し込み

銀行業務検定試験の日程、試験日、試験時間は銀行業務検定協会の母体(株)経済法令研究会のサイトにて、常にアップデートされていますので、下記リンクより参照ください。

経済法令研究会より

全試験種目の試験日と試験時間

株式会社CBT-Solutionsより

銀行業務検定試験のCBT方式試験の申し込み

お問い合わせは
銀行業務検定協会
(経済法令研究会 検定試験運営センター)
〒162-8464 東京都新宿区市谷本村町3-21
電話 03-3267-4821
月~金(祝日除く)10:00~15:00
FAX 03-3267-4999

試験概要

公開試験・ 信託実務3級

以下公式サイトより2021年例:

出題形式五答択一式 50問(各2点)
科目構成(1)信託の基礎         15問
(3)従業員福祉に関する信託   7問
(4)証券に関する信託      8問
(5)資産流動化に関する信託   4問
(6)動産・不動産に関する信託  4問
(7)その他の信託・併営業務   7問
合格基準
合格点
満点の60%以上
(試験委員会にて最終決定)
試験時間2022年6月試験より順次変更で
120分試験になりました。
終了前10分間は退席禁止
持込品受験票
HBの鉛筆 消しゴム 
信託実務3級の試験概要

CBT信託実務3級

試験名CBT信託実務3級
受験資格制限なし
再受験何回でも受験予約可能
出題形式CBT五答択一式50問 120分
科目(1)信託の基礎 15問
(2)定型的な金銭の信託 5問
(3)従業員福祉に関する信託 7問
(4)証券に関する信託 8問
(5)資産流動化に関する信託 4問
(6)動産・不動産に関する信託 4問
(7)その他の信託・併営業務 7問
過去問
テキスト
以下は書籍の(PR)です。
全て公式サイトで紹介されている教材で
公開試験とCBT両方に共通
①がAmazon、②が楽天Booksのリンク

信託実務3級 問題解説集 ①  ②

信託の基礎 ①  ②
申込み4月下旬~翌年3月下旬
試験日5月上旬~翌年3月下旬
会場全国の共通会場にて実施
各会場ごとのスケジュールは
受験者マイページより確認。
申込方法<個人申込>
インターネット受付のみ
申込日より3日目以降の予約が可能

<団体申込>
経済法令研究会 CBT試験担当
電話:03-3267-4821までお問合せ。
受験票受験票の発送はありません。
予約完了時の確認メールに
試験日程・会場のご案内あり
当日について持ち物本人確認書類
※電卓持ち込み不可、
計算は画面上にて利用可能です。
※スマートフォン等不可
合格基準100点満点中60点以上
結果発表即時判定。
試験終了後に、全受験者に
スコアレポート・
出題項目一覧が配布されます。
受験日の翌日以降、
合格者はマイページから
合格証書をダウンロード。

こちらよりマイページにログイン
②【CBT申込】をクリック
③申し込んだ試験の【申込・受験履歴】
 をクリック
試験後の手続なし
CBT信託実務3級の試験概要

CBT試験概要は上記の公開試験の内容に準じます。

・試験時間は。同様の120分です。

・持ち物は本人確認証

難易度と合格率・ 信託実務3級

信託実務3級検定試験の難易度は偏差値表示で48

信託実務3級の合格率は26.32%から63.84%です。

試験日受験者数合格者数合格率
2023年6月
(第155回)
34416648.26%
2022年6月
(第152回)
71818926.32%
2021年6月
(第149回)
1,7561,12163.84%
2020年10月
(第147回)
2,8191,26244.77%
2019年6月
(第143回)
4,3101,76140.86%
2018年6月
(第140回)
4,5481,57434.61%
2017年6月
(第137回)
4,2222,00247.42%
信託実務3級過去の受験者数と合格率

信託実務3級の勉強方法と勉強時間

信託実務3級試験の勉強方法は、過去問を周回する事を中心とします。

その勉強時間は2週間~4週間を目安とし、過去問の自己採点結果が満点維持できるようになれば、実力の確認として模擬試験を複数回行い、コンスタントに合格点が取れるかどうかを自己採点する方法です。

1. テキストはとりあえず事前に目を通す程度とし、以降は疑問点の確認に使用する。

2. 過去問を解答するだけでなく、スピードアップを心がけ、時間内に解答と見直しをして自己採点。

3.当初は過去問の点数の結果は気にせず、解説文を熟読し要点をノート付け。

4. 過去問は同じ問題を何年か分を周回し、回数を重ねればすべて満点になる事を前提とする。

5. 上記、解答のスピードアップ、自己採点、解説文の熟読と弱点のノート記載は必須

6. 模擬テストで実力を確認する。

信託実務3級の公式テキストと過去問

実態として受験者の多くは30代前半の信託銀行員ですが、世に多くある資格試験の中での、 信託実務3級試験の難易度は初級レベルですので、学生時代や20代前半での受験をおすすめします。

公開試験は1年に1回ですが、それにこだわらずCBTで何度でも受験しても良いでしょう。

〔PR〕信託実務の基礎(経済法令研究会)と信託実務3級の問題解説集

〔PR〕信託実務3級の問題解説集

eラーニング

〔PR〕資格対策ドットコム

金融機関

508団体(銀行115、証券会社99、信用金庫·労働金庫·信用組合235、他59)

うち77団体(銀行48、証券会社4、信用金庫·労働金庫等25)が専用サーバでの受講管理システムを採用

うち51団体(銀行39、信用金庫·労働金庫等12)がコンテンツ保護(印刷・保存・画面キャプチャの禁止)機能を利用し、自宅等において社内文書を閲覧できる環境を構築

銀行業務検定、各試験の詳細ページ

融資管理3級

金融商品取引3級

法務2級

法務3級

法務4級

財務2級

財務3級

財務4級

税務2級

税務3級

税務4級

年金アドバイザー2級

年金アドバイザー3級

年金アドバイザー4級

証券3級

信託実務3級

金融リスクマネジメント2級

営業店マネジメントⅠとⅡ

経営支援アドバイザー2級

窓口セールス3級

法人融資渉外2級と3級

事業性評価3級

個人融資渉外3級

デリバティブ3級

事業承継アドバイザー3級

CBT DXサポート

CBT サステナブル経営サポート

外国為替2級・3級

金融経済3級

投資信託3級・2級

預かり資産アドバイザー2級・3級

保険販売3級

相続アドバイザー2級

相続アドバイザー3級

関連資格

銀行業務検定試験(銀検)の一覧

金融業務能力検定の一覧

金融AMLオフィサー、金融コンプライアンス オフィサー認定試験の一覧。

社会保険労務士

日商簿記検定1級・2級・3級

金融窓口サービス技能士

ファイナンシャルプランニング技能士の一覧

FP3級試験。FP協会に申し込み

FP3級試験。きんざいに申し込み

FP2級の合格率と難易度/偏差値

FP1級の合格率と難易度/偏差値

おすすめの参考書など

この段落内はプロモーション(PR)です。

スキマ時間にスマホで読める

銀行業務検定の電子書籍Kindle本

・上の0円表示はAmazonが提供するKindle Unlimited 全てのジャンル200万冊以上が読み放題初めての利用は30日間の無料体験

Kindle Unlimited 30日間無料体験

その後の会員登録の取り消し方法

・いろいろなスマホとPCに対応のKindle無料読書アプリ

Kindle 無料読書アプリ

・本を読みたいけど、いそがしくて時間がない?AmazonのオーディオブックAudible。たっぷりの無料体験期間で聴き放題。

Amazon Audible無料体験

その後の会員登録の取り消し方法

その他の資格

金融業界の資格一覧。160選に移動

比較的簡単に楽に取れる、おすすめ国家資格に移動

資格一覧。偏差値でランキング表示に移動

ホームに移動

タイトルとURLをコピーしました