金融窓口サービス技能士。検定1級・2級・3級の勉強方法。難易度・合格率と試験日程

国家資格

金融窓口サービス技能検定は金融業に就職希望の学生方々、すでに金融業で働いている方々にとっては国家資格の難易度として、とても簡単なレベルです。

特に「テラー業務」「金融商品コンサルティング業務」に関連する可能性がある人には取得の難易度の割には価値ある国家資格です。

できれば学生時代、または入社歴が浅い段階で1級の合格を実現してください。

金融窓口サービス技能士の受験資格

受験資格は学科試験・実技試験とも共通で、複数表記はいずれか1つに該当すれば受験資格あり。

等級受検資格
1級4年以上の実務経験を有する者(注1)
2級技能検定の合格者(注2)
厚生労働省認定テラー技能審査2級合格者
2級2年以上の実務経験を有する者(注1)
3級技能検定の合格者(注2)
厚生労働省認定テラー技能審査3級合格者
3級金融機関関連業務に従事している者
または従事しようとする者
金融窓口サービス技能士の受験資格

(注1)実務経験は自己申告制。
実務経験年数は、受検申請受付最終日現在。
申告内容不正にによる取り消しあり。

(注2)「技能検定の合格者」とは選択科目一つの合格で良い
例として、3級テラー業務または3級金融商品コンサルティング業務の合格者は、どちらも2級学科試験または2級実技試験を受検できる。

金融窓口サービス技能士の試験概要と公式サイト

金融窓口サービス技能士の試験概要と公式サイト

金融窓口サービス技能士の試験概要

資格種別国家資格名称独占資格
・テラー業務
1級、2級、3級、
・金融商品コンサルティング業務
1級、2級、3級
試験日程1月中旬、5月中旬、9月中旬
試験筆記試験、実技試験
合格基準100点満点で70点以上
免除参照リンク
受験地全国にあり、公式サイト参照
または
インターネット受検申請受付あり
そのシステムは公式サイト参照
受験料1級:学科8,500円 実技15,000円
2級:学科6,500円 実技7,000円
3級:学科3,800円 実技4,000円
金融窓口サービス技能士の試験概要

試験内容

3級の試験内容

3級学科試験

マークシート方式による筆記試験
語群選択式(三肢)20問、三答択一式20問、計40問

A分野:顧客対応・コンプライアンス等
 I. CSと顧客対応
 II. 取引推進・クロスセル
 III. 事務取扱上の注意点
 IV. コンプライアンス
 V. 苦情対応・処理等
 VI. 顧客対応・コンプライアンス等の最新動向

B分野:関連法令・規制
 I. 金融商品勧誘・販売等の基本 
 II. 各種法令と規制 
 III. セーフティネット 
 IV. 関連法令・規制の最新動向

C分野:金融経済知識・投資理論
 I. マーケット環境の理解 
 II. 資産運用と投資理論 
 III. 金融商品に係るリスク 
 IV. 金融経済知識・投資理論の最新動向

D分野:金融商品知識
 I. 預金関係商品 
 II. 証券関係商品 
 III. 保険関係商品 
 IV. その他の金融商品 
 V. 各種ローン
 VI. 金融商品知識の最新動向

E分野:相談業務等に係る知識
 I. 相続・贈与
 II. 年金・社会保障 
 III. 税金 
 IV. 相談業務等に係る知識の最新動向

3級実技試験

マークシートによる筆記試験
事例問題5題程度。1題につき、小問は4問程度

  1. 顧客対応
    • 基本的な顧客対応ができること
    • 窓口等における顧客からの依頼や基本的な質問等に対応できること
    • 窓口等における顧客からの苦情申出に係る初期対応ができること
  2. 事務手続・実務知識
    • 事務手続の案内、説明、処理等ができること
    • 金融経済・マーケットの基本を理解できていること
    • 相続・贈与、年金・税金等に関する基礎知識があること
  3. コンプライアンス
    • 各種法令等が定めるルール・規制等を理解し、コンプライアンスを遵守した手続・事務対応ができること
  4. 商品知識
    • 金融商品・関連商品、投資理論に関する正確な知識を持ち、顧客に対して説明ができること
  5. 情報収集、提案・セールス
    • 業務遂行・取引推進等のために必要な情報を収集できること
    • 取得した情報を渉外・融資担当者等につなぐこと(トスアップ)を意識した対応ができること
    • 商品の提案・セールスができること

2級の試験内容

2級学科試験

マークシート方式による筆記試験
語群選択式(四肢)20問、三答択一式20問、計40問

A分野:顧客対応・コンプライアンス等
 I. CSと顧客対応
 II. 取引推進・クロスセル
 III. 事務取扱上の注意点
 IV. コンプライアンス
 V. 苦情対応・処理等
 VI. 顧客対応・コンプライアンス等の最新動向

B分野:関連法令・規制
 I. 金融商品勧誘・販売等の基本 
 II. 各種法令と規制 
 III. セーフティネット 
 IV. 関連法令・規制の最新動向

C分野:金融経済知識・投資理論
 I. マーケット環境の理解 
 II. 資産運用と投資理論 
 III. 金融商品に係るリスク 
 IV. 金融経済知識・投資理論の最新動向

D分野:金融商品知識
 I. 預金関係商品 
 II. 証券関係商品 
 III. 保険関係商品 
 IV. その他の金融商品 
 V. 各種ローン
 VI. 金融商品知識の最新動向

E分野:相談業務等に係る知識
 I. 相続・贈与
 II. 年金・社会保障 
 III. 税金 
 IV. 相談業務等に係る知識の最新動向

2級実技試験

マークシート方式による筆記試験
事例問題5題程度、1題につき、小問は5問程度

  1. 顧客対応・情報収集
    • 顧客から信頼される対応、CSに留意した対応ができること
    • 顧客とのコミュニケーションを通じて、顕在的・潜在的ニーズの把握、情報収集ができること
    • 顧客からの依頼に応じた手続の案内・説明ができること
    • 取得した情報を専門担当者や関連部署等につなぐこと(トスアップ)を意識した対応ができること
  2. 商品知識・説明技能
    • 金融商品・関連商品、投資理論に関する正確な知識を持ち、顧客に対して的確な商品説明ができること
  3. コンプライアンス
    • 各種法令等が定めるルール・規制等を十分に理解し、コンプライアンスを遵守した手続・事務対応ができること
    • 各種法令等における顧客保護の制度・枠組みについて理解し、説明義務等を履行した勧誘・販売ができること
  4. 相談業務・提案技能
    • 相談業務に必要な実務知識を持ち、顧客に対して正確な説明ができること
    • マーケット環境を理解したうえで、顧客に対して金融商品の勧誘・販売ができること
    • 収集した情報等をもとに、顧客の属性とニーズを踏まえた商品の選定・組合せを行い、適合性の原則や各種規制・ルールで定められたコンプライアンスを遵守し顧客保護を意識した勧誘・販売ができること
  5. 顧客フォロー
    • 契約申込み・契約締結後等に顧客が必要とする情報提供を行うための知識を有し、適切なアフターフォローができること
    • 顧客からの苦情防止に努めていること

1級の試験内容

1級学科試験

マークシート方式による筆記試験
語群選択式(四肢)25問、四答択一式25問、計50問

A分野:顧客対応・コンプライアンス等
 I. CSと顧客対応
 II. 取引推進・クロスセル
 III. コンプライアンス
 IV. 苦情対応・処理等
 V. 顧客対応・コンプライアンス等の最新動向

B分野:関連法令・規制
 I. 金融商品勧誘・販売等の基本 
 II. 各種法令と規制 
 III. セーフティネット 
 IV. 関連法令・規制の最新動向

C分野:金融経済知識・投資理論
 I. マーケット環境の理解 
 II. 資産運用と投資理論 
 III. 金融商品に係るリスク 
 IV. 金融経済知識・投資理論の最新動向

D分野:金融商品知識
 I. 預金関係商品 
 II. 証券関係商品 
 III. 保険関係商品 
 IV. その他の金融商品 
 V. 各種ローン
 VI. 金融商品知識の最新動向

E分野:相談業務等に係る知識
 I. 相続・贈与
 II. 年金・社会保障 
 III. 税金 
 IV. 相談業務等に係る知識の最新動向

1級実技試験

記述式による筆記試験
事例問題4題程度。1題につき、小問は3~4問程度

  1. 顧客対応・情報収集
    • 顧客から信頼される対応、CSに留意した対応ができること
    • 顧客とのコミュニケーションを通じて、顕在的・潜在的ニーズの把握、情報収集ができること
    • 取得した情報を、専門担当者や関連部署と連携し、今後の取引拡大につなげていく対応ができること
  2. 商品知識・説明技能
    • 金融商品・関連商品、投資理論に関する正確かつ詳細な知識を持ち、顧客に対して的確な商品説明ができること
  3. コンプライアンス
    • 各種法令等が定めるルール・規制等を十分に理解し、コンプライアンスを遵守した手続・事務対応ができること
    • 各種法令等における顧客保護の制度・枠組みについて十分に理解し、説明義務等を履行した勧誘・販売ができること
  4. 相談業務・提案技能
    • 相談業務に必要十分な実務知識を持ち、顧客に対して的確な説明ができること
    • マーケット環境を理解したうえで、顧客に対して金融商品の勧誘・販売ができること
    • 収集した情報等をもとに、顧客の属性とニーズを踏まえた商品の選定・組合せを行い、適合性の原則等を遵守し、顧客保護・顧客利益を意識した勧誘・販売ができること
  5. 顧客フォロー
    • 契約申込み・契約締結後等に顧客が必要とする情報提供を行うための知識を有し、適切なアフターフォローができること
    • 顧客からの苦情防止に努めていること。苦情を受けた場合、その原因を把握し適切に対処できるとともに、事後の勧誘・販売等のあり方を改善等できること

金融窓口サービス技能士(検定)の公式サイト、きんざい。

金融窓口サービス技能士になる検定は、職業能力開発促進法第47条第1項による指定試験機関である、一般社団法人金融財政事情研究会が学科及び実技試験を実施しています。

一般社団法人金融財政事情研究会

問合せ先
〒160-8529 東京都新宿区荒木町2-3
一般社団法人 金融財政事情研究会 検定センター
TEL 03-3358-0771(録音あり)

難易度・合格率

金融窓口サービス技能検定の難易度・合格率

検定の合格率

2017年9月10日実施 1級の合格率

1級受験者数合格者数合格率%
学科4326815.74
実技3575415.12
2017年9月10日実施 1級の合格率

2018年1月28日実施、2級と3級の級の合格率

2級受験者数合格者数合格率%
学科209943620.77
実技1925104154.7
2018年1月28日実施、2級の合格率
3級受験者数合格者数合格率%
学科3105162952.46
実技
テラー業務
2116119556.47
実技 金融商品
コンサルティング業務
50540980.99
2018年1月28日実施、3級の級の合格率

2018年5月27日実施、2級と3級の級の合格率

2級受験者数合格者数合格率%
学科196668734.94
実技130378260.01
2018年5月27日実施、2級の級の合格率
3級受験者数合格者数合格率%
学科2440126251.72
実技
テラー業務
1716146585.37
実技 金融商品
コンサルティング業務
45737481.83
2018年5月27日実施、3級の級の合格率

2018年9月9日実施1級の合格率

1級受験者数合格者数合格率%
学科4165412.98
実技30311838.94
2018年9月9日実施1級の合格率

2019年1月27日実施 1級、2級、3級の合格率

1級受験者数合格者数合格率%
学科12975
実技7457.14
2019年1月27日実施 1級の合格率
2級受験者数合格者数合格率%
学科186242022.55
実技124027522.17
2019年1月27日実施 2級の合格率
3級受験者数合格者数合格率%
学科2591114344.11
実技
テラー業務
1666102761.64
実技 金融商品
コンサルティング業務
45538684.83
2019年1月27日実施 3級の合格率

2019年5月26日実施、2級と3級の級の合格率

2級受験者数合格者数合格率%
学科150733522.22
実技104942740.70
2019年5月26日実施、2級の級の合格率
3級受験者数合格者数合格率%
学科183981844.48
実技
テラー業務
113193282.40
実技 金融商品
コンサルティング業務
35028481.14
2019年5月26日実施、3級の級の合格率

2019年9月8日実施1級の合格率

1級受験者数合格者数合格率%
学科337247.12
実技24710542.51
2019年9月8日実施1級の合格率

2020年1月26日実施、2級と3級の級の合格率

2級受験者数合格者数合格率%
学科160738423.89
実技111123120.79
2020年1月26日実施、2級の級の合格率
3級受験者数合格者数合格率%
学科219070332.10
実技
テラー業務
127851940.61
実技 金融商品
コンサルティング業務
36630382.78
2020年1月26日実施、3級の級の合格率

2020年9月13日実施1級の合格率

1級受験者数合格者数合格率%
学科2927124.31
実技1575836.94
2020年9月13日実施1級の合格率

2021年1月24日実施、2級と3級の級の合格率

2級受験者数合格者数合格率%
学科127068654.01
実技106238135.87
2021年1月24日実施、2級の級の合格率
3級受験者数合格者数合格率%
学科2121174882.41
実技
テラー業務
1410111479.00
実技 金融商品
コンサルティング業務
32930592.70
2021年1月24日実施、3級の級の合格率

検定の難易度

・1級 偏差値55

・2級 偏差値53

・3級 偏差値50

偏差値表示ですが、金融窓口サービス技能士(検定)の難易度は、国家資格の中ではかなり取得が容易なレベルです。

多い意見としては

・受験者集団のレベルがそれなりに高い

・試験の合否は、問題難易度が高くはない70点合格の絶対値評価を採用しており、合格させることを前提としているように思える。

・過去問を中心に勉強すれば合格できる

・実技試験を重要視する事

金融窓口サービス技能士、検定の過去問と勉強方法

勉強方法1過去問。公式サイトより

3年分の過去問

その模範解答

勉強方法2過去問をベースとした電子書籍、模擬問題集

Kindleアプリのダウンロード(無料)

Kindle for PC (Windows)

Kindle for Android

Kindle for Mac (含むiphone)

上記総合Amazonサイト

以上Kindle読書アプリですが無料です。

上記アプリ内で「金融窓口サービス技能検定」で検索すると

表示の電子書籍は以下の3つが表示されます。

1級~3級金融窓口サービス技能検定

kindleunlimited会員であれば0円、非会員は330円です。

各150問の模擬問題集ですが、これらは過去問をベースとしています。

1回やるのではなく、常に満点になるまで周回してください。電車の中など通勤通学途中でもできます。

テキスト、参考書

Amazon「金融窓口サービス技能士」

楽天ブックス「金融窓口サービス技能士」

上記二つとも同じものが表示されますが、各級の学科と実技で「きんざい教育事業センター」を選択してください。

よく言われる事ではありますが、「合格の鍵は、問題の優良解説文にあり」です。

関連資格

銀行業務検定試験(銀検)の難易度と日程

FP1級・2級・3級技能士の難易度と合格率。

Amazonが提供するKindle Unlimited 200万冊以上が読み放題
初めての利用は30日間の無料体験

Kindle Unlimited 無料体験

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

ホームに移動

タイトルとURLをコピーしました