LinuCリナックとLPICの試験問題範囲の違い。LinuCおすすめ参考書と問題集。

民間資格

LPICの変な日本語翻訳が嫌だな。

じゃぁLinuCを受験ね。

でも僕は世界で活躍したい。

じゃぁLPICを受験ね。

Linux技術者認定試験として世界標準のLPICは、以前と変わらず実施されています。2018年から始まったLinuCは、悪く言えばLPICの模倣版だけど普通に言えば、日本の市場が何を求めているかを考慮した日本特化バージョン試験です。それでは二つの試験に対して(日本の)雇用者側の評価はどうなのかといえば同じです。評価の差はありません。

LinuCリナックとLPICの違い。

LinuCリナックとLPIC

LinuCとLPICの違いと特徴

・LPICはLPI日本支部が実施、LinuCはLPI-Japanが実施。

・LPICは国際資格なので、イメージ的にはカナダ本店の日本支店が試験実施。

・LinuCは日本資格。イメージ的には海外からのフランチャイズだが、日本独自で進化した要素があり日本現地法人が試験実施。

・両者の試験問題に大きな差異は無く、難易度は同じ。

・世界スタンダードのLPICに対して、LinuCは日本語が明瞭、日本国内で要求されるニーズを吸収している

・海外市場として現在のアメリカとインドの共同開発ように、時差利用で24時間体制の仕事には、国際資格であるLPICだけが認知度がある。

・KDDI、NEC、TIS、日立ソリューションズなど、LinuC取得を推奨

LinuCとLPIC、どっちを受験するか

多数の意見を見たのですが、驚くことに真っ二つに割れています。

僕個人の意見はどちらかといえばLPICです。

理由は単純でLPICはLinux技術者認定試験として国際基準の資格だから。

LinuCリナック試験概要

LinuCレベル1

  • Linuxサーバーの構築と運用・管理。(仮想マシンとコンテナを含む)
  • クラウドのセキュリティを理解し、安全に運用。
  • オープンソースの文化と業務活用
  1. 受験の前提条件:なし
  2. 認定取得の要件:101試験、102試験の2試験に合格。
    (5年以内に2試験合格。)
  3. 受験費用:1試験あたり16,500円(税込)
  4. 試験実施方式:CBT
    自宅や職場でオンライン受験も可能試。
  5. 問題数:約60問
  6. 試験時間:90分
  7. 合否結果:試験終了時に表示

LinuCレベル2

  • Linuxシステムの設計、構築、監視、トラブルシューティング。
  • 仮想マシンやコンテナの仕組みを理解とその管理と運用。
  • セキュリティとシステムアーキテクチャの基本を理解とサービスの設計、構築、運用・管理。
  1. 受験の前提条件:なし
  2. 認定取得の要件:有意なLinuCレベル1を保有し、201試験と202試験の2試験に合格(5年以内に2試験合格が必要)
  3. 受験費用:1試験あたり16,500円(税込)
  4. 試験実施方式:CBT
    自宅や職場でオンライン受験も可能試。
  5. 問題数:約60問
  6. 試験時間:90分
  7. 合否結果:試験終了時に表示

LinuCレベル3

LinuCレベル3は専門分野に特化した3つの試験があり、どれか1つに合格すればLinuCレベル3を取得することができる

LinuCレベル3 300 Mixed Environment

Linux、Windows、UNIXのOS混在環境のシステム構築と、認証統合とリソースの共有ができる専門家としての証明となるレベル。

  1. 受験の前提条件:なし
  2. 認定取得の要件:有意なLinuCレベル2を保有し、300試験に合格。
  3. 受験費用:1試験あたり16,500円(税込)
  4. 試験実施方式:CBT
    自宅や職場でオンライン受験も可能試。
  5. 問題数:約60問
  6. 試験時間:90分
  7. 合否結果:試験終了時に表示

LinuCレベル3 303 Security

Linuxサーバを構築・運用するためのセキュリティ知識を持ち、安全性の高いシステム設計やサーバ構築ができる専門家としての証明となるレベル。

  1. 受験の前提条件:なし
  2. 認定取得の要件:有意なLinuCレベル2を保有し、303試験に合格。
  3. 受験費用:1試験あたり16,500円(税込)
  4. 試験実施方式:CBT
    自宅や職場でオンライン受験も可能試。
  5. 問題数:約60問
  6. 試験時間:90分
  7. 合否結果:試験終了時に表示

LinuCレベル3 304 Virtualization & High Availability

LinuxとOSSによる仮想化と高可用性技術についての知識を持ち、データセンターやプライベートクラウドの構築・運用などができる専門家としての証明となるレベル。

  1. 受験の前提条件:なし
  2. 認定取得の要件:有意なLinuCレベル2を保有し、304試験に合格。
  3. 受験費用:1試験あたり16,500円(税込)
  4. 試験実施方式:CBT
    自宅や職場でオンライン受験も可能試。
  5. 問題数:約60問
  6. 試験時間:90分
  7. 合否結果:試験終了時に表示

LinuCリナック試験内容の変化。Version10.0

LinuCリナック
Version10.0以前は
LinuC-1仮想化技術
・仮想マシン/コンテナの概念
・クラウドセキュリティの基礎
←(Version10.0で新設)
オープンソースの文化
・オープンソースの定義や特徴
・コミュニティや
エコシステムへの貢献
←(Version10.0で新設)
その他
→(Version10.0で削除)
アクセシビリティ、
ディスククォータ、
プリンタの管理、
SQLデータ管理、他
LinuC-2仮想化技術
・仮想マシンの実行と管理(KVM)
・コンテナの仕組みとDockerの導入
←(Version10.0で新設)
システムアーキテクチャ
・クラウドサービス上のシステム構成
・高可用システム、
スケーラビリティ、他
←(Version10.0で新設)
その他
・統合監視ツール(Zabbixなど)
・自動化ツール(Ansible)
←(Version10.0で新設)
その他2
→(Version10.0で削除)
RAID、記憶装置への
アクセス方法、
FTPサーバーの保護、他
「LPIC」Version10.0

LinuCの合格基準、合格率、難易度、勉強時間、公式サイト

LinuCの合格基準、合格率、難易度、勉強時間

合格基準

正答率65%~75%

合格率

合格率は非公開です。
偏差値から想定すればLevel1が75%前後、Level2が40%前後、Level3が40%弱だが、これは、あくまでも偏差値による想定。

難易度

LinuCの難易度はLPICに準じていると言われています。
その場合は
・Level1の難易度は偏差値表示で42
・Level2の難易度は偏差値表示で53
・Level3の難易度は偏差値表示でLevel2とほぼ同じと言われている。

LinuC受験対策としての勉強時間

・Level1の勉強時間は1~3か月
・Level2の勉強時間は3~6か月
・Level3の勉強時間は6~12か月

LinuCとLPIC公式サイト

LinuC受験の場合は

LPI-Japan
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング9階
03-6205-7025

ピアソンVUE(試験配信会社)
0120-355-173

LPIC(国際基準)の受験希望場合は

LPIC試験の概要

LPI日本支部

ピアソンVUE

LinuCのテキスト、参考書、問題集

LinuCのテキスト、参考書、問題集

AmazonLinuCのテキスト、参考書、問題集

楽天ブックスLinuCのテキスト、参考書、問題集

Amazonが提供するKindle Unlimited 200万冊以上が読み放題
初めての利用は30日間の無料体験(要Amazonログイン)

Kindle Unlimited 無料体験

Kindle 無料アプリ

GEEK JOB

LPIC試験。Linux技術者認定試験の概要に移動

資格難易度ランキングに移動

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

ホームに移動

タイトルとURLをコピーしました