電子機器組立て技能士。1級・2級・3級の合格率と難易度

国家資格

電子機器組立て技能士とは、職業能力開発促進法に基づく国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県職業能力開発協会が試験を実施しますが、問題作成等は中央職業能力開発協会です。

電子機器組立て技能士は、国家検定試験として電子機器組立てに関する学科及び実技試験に合格した者をいいまが、等級には特級・1級・2級・3級・基礎級まであります。

技能レベルとしては、特級が管理者または監督者の技能の程度、1級から3級および基礎級は、上級技能者、中級技能者、初級技能者で、基礎級は技能実習生の初級段階という設定です。

電子機器組立て技能士を含む、技能士制度の実施状況

以下リンクは厚生労働省、電子機器組立て技能士を含む各技能士検定試験のデータです。

平成30年度「技能検定」実施状況

令和元年度「技能検定」実施状況

令和2年度「技能検定」実施状況

令和3年度「技能検定」実施状況

令和4年度「技能検定」実施状況

合格率

全級を総合した、電子機器組立て技能士の合格率は43.5%から61.7%です。

そして令和3年度において、電子機器組立て技能士の合格率は1級が45.2%、2級が44.9%、3級が66.5%です。

◇全級の合格率

全級受験申請者数合格者数合格率
2022年
令和4年度
9,5534,96652.0%
2021年
令和3年度
12,2265,32143.5%
2020年
令和2年度
9,4864,68449.4%
2019年
令和元年度
14,8888,67458.3%
2018年
平成30年度
13,2138,14961.7%
電子機器組立て技能士の合格率

◇1級の合格率

1級応募者数合格率
2021年
令和3年度
76845.2%
電子機器組立て技能士1級の合格率

◇2級の合格率

2級応募者数合格率
2021年
令和3年度
2,37144.9%
電子機器組立て技能士2級の合格率

◇3級の合格率

3級応募者数合格率
2021年
令和3年度
3,01966.5%
電子機器組立て技能士3級の合格率

難易度/偏差値

電子機器組立て技能士、試験の難易度は偏差値表示で特級が55、1級52。 2級44、3級39です。

試験の概要

申し込み

試験日程
申し込み
4月上旬~中旬・10月上旬~中旬

試験日
実技試験:
6月上旬~9月中旬・12月上旬~2月中旬
学科試験:
7月中旬~9月上旬・1月下旬~2月上旬

以上のように前期試験と後期試験
1年に2回の試験がありますが
実際の受検申込み・試験実施日程等
下表の
各都道府県職業能力開発協会
にお問い合わせください。
試験地下表
各都道府県職業能力開発協会
に連絡
受験資格特級
1級合格後5年以上の実務経験

1級
7年以上の実務経験、
または2級合格後2年以上、
3級合格後4年以上の実務経験
(学歴により必要な実務経験に差あり)

2級
実務経験2年以上、または3級合格者
(学歴で実務経験が不要の場合あり

3級
・不問
試験内容学科試験と実技試験
(製作等作業試験)があり
試験科目は、1・2・3級共通

・学科試験は次の6科目
①電子機器、②電子・電気、
③組立て法、④材料、⑤製図、
⑥安全衛生

1・2級は真偽法及び四肢択一法
(50問、1時間40分)

3級は真偽法(30問、1時間)

・実技試験(製作等作業試験)は、
電子機器組立て作業
合格基準100点満点の場合、
実技試験は60点以上
学科試験は65点以上
受験料1・2・3級
学科は3,100円
実技は18,200円
※上記は標準金額
(都道府県で差がでる事が有る)
※2・3級は35歳未満の方につき、
実技は9,000円減額の有無を
問合せ推奨
免除試験免除
(都道府県知事の実施する職種)

技能検定試験の免除一覧表
合格率上記
難易度上記
主催

問合せ
中央職業能力開発協会
〒160-8327
東京都新宿区西新宿7-5-25
西新宿プライムスクエア11階
技能検定部:
電話 03-6758-2861・2859

問合せ:下表の
各都道府県の職業能力開発協会
電子機器組立て技能士、検定試験の概要

電子機器組立て技能士の申し込みと問い合わせ

電子機器組立て技能士検定の申し込みと問い合わせに関しまして、下表を参考にしてください。

都道府県職業能力開発協会の、所在地及び電話番号は以下の通りです。

職業能力
開発協会
所在地
電話番号
北海道003-0005
札幌市白石区東札幌5条1-1-2
北海道立職業能力開発
支援センター内
011-825-2385
青森県030-0122
青森県青森市大字野尻字今田43-1
県立青森高等技術専門校内
017-738-5561
岩手県028-3615
紫波郡矢巾町南矢幅10-3-1
岩手県立産業技術短期大学校内
019-613-4620
宮城県981-0916
仙台市青葉区青葉町16-1
022-271-9260
秋田県010-1601
秋田市向浜1-2-1
秋田県職業訓練センター内
018-862-3510
山形県990-2473
山形市松栄2-2-1
023-644-8562
福島県960-8043
福島市中町8-2
福島県自治会館5F
024-525-8681
茨城県310-0005
水戸市水府町864-4
茨城県職業人材育成センター内
029-221-8647
栃木県320-0032
宇都宮市昭和1-3-10
県庁舎西別館
028-643-7002
群馬県372-0801
伊勢崎市宮子町1211-1
0270-23-7761
埼玉県330-0074
さいたま市浦和区北浦和5-6-5
埼玉県浦和合同庁舎5F
048-829-2801
千葉県261-0026
千葉市美浜区幕張西4-1-10
043-296-1150
東京都101-8527
千代田区内神田1-1-5
東京都産業労働局神田庁舎5階
03-6631-6050
神奈川県231-0026
横浜市中区寿町1-4
かながわ労働プラザ内
045-633-5420
新潟県950-0965
新潟市中央区新光町15-2
新潟県公社総合ビル4F
025-283-2155
富山県930-0094
富山市安住町7-18
安住町第一生命ビル2F
076-432-9883
石川県920-0862
金沢市芳斉1-15-15
石川県職業能力開発プラザ3F
076-262-9020
福井県910-0003
福井市松本3丁目16番10号
福井県職員会館ビル4階
0776-27-6360
山梨県400-0055
甲府市大津町2130-2
055-243-4916
長野県380-0836
長野市大字南長野南県町688-2
長野県婦人会館3F
026-234-9050
岐阜県509-0109
各務原市テクノプラザ1-18
岐阜県人材開発支援センター内
058-322-3677
静岡県424-0881
静岡市清水区楠160
054-345-9377
愛知県451-0035
名古屋市西区浅間2-3-14
052-524-2040
三重県514-0004
津市栄町1-954
三重県栄町庁舎4F
059-228-2732
滋賀県520-0865
大津市南郷5-2-14
077-533-0850
京都府612-8416
京都市伏見区竹田流池町121-3
京都府立京都高等技術専門校内
075-642-5075
大阪府550-0011
大阪市西区阿波座2-1-1
大阪本町西第一ビルディング6F
06-6534-7510
兵庫県650-0011
神戸市中央区下山手通6-3-30
兵庫勤労福祉センター1F
078-371-2091
奈良県630-8213
奈良市登大路町38-1
奈良県中小企業会館2F
0742-24-4127
和歌山県640-8272
和歌山市砂山南3-3-38
和歌山技能センター内
073-425-4555
鳥取県680-0845
鳥取市富安2-159
久本ビル5F
0857-22-3494
島根県690-0048
松江市西嫁島1-4-5
SPビル2F
0852-23-1755
岡山県700-0824
岡山市北区内山下2-3-10
086-225-1546
広島県730-0052
広島市中区千田町3-7-47
広島県情報プラザ5F
082-245-4020
山口県753-0051
山口市旭通り2-9-19
山口建設ビル3階
083-922-8646
徳島県770-8006
徳島市新浜町1-1-7
088-662-5366
香川県761-8031
高松市郷東町587-1
地域職業訓練センター内
087-882-2854
愛媛県791-8057
松山市大可賀 2丁目 1-28
アイテムえひめ内
089-993-7301
高知県781-5101
高知市布師田3992-4
088-846-2300
福岡県813-0044
福岡市東区千早5-3-1
福岡人材開発センター2F
092-671-1238
佐賀県840-0814
佐賀市成章町1-15
0952-24-6408
長崎県851-2127
西彼杵郡長与町高田郷547-21
(長崎高等技術専門校敷地内)
095-894-9971
熊本県861-2202
上益城郡益城町田原2081-10
電子応用機械技術研究所内
096-285-5818
大分県870-1141
大分市大字下宗方字古川1035-1
大分職業訓練センター内
097-542-3651
宮崎県889-2155
宮崎市学園木花台西2-4-3
0985-58-1570
鹿児島県892-0836
鹿児島市錦江町9-14
099-226-3240
沖縄県900-0036
那覇市西3-14-1
098-862-4278
都道府県職業能力開発協会の一覧

称号と履歴書に正式名称

令和○年○月○日

○級電子機器組立て技能検定試験 合格

所轄・主催: 厚生労働省

通信講座(PR)

この段落内はプロモーション(PR)です。

・フォーサイトは、非常に高い合格率を公表している事でおすすめ。

資格試験の通信教育・通信講座ならフォーサイト

・スタディングは、スマホなど利用した隙間時間の有効利用で合格実績あり。

スタディング

・ユーキャンは、沢山の資格に対応しています。

ユーキャンの人気講座ランキング

・おすすめの講座です。

職業訓練法人JTEX

電子機器組立て技能士学科試験免除コースがあります。

過去問で独学

以下近年の、電子機器組立て技能士の過去問にリンクです。

技能検定試験公開サイトより

年度電子機器組立て技能士の過去問
平成30年度
前期
【B35】電子機器組立て
【D17】電子機器組立て
【B35】電子機器組立て
【D17】電子機器組立て
平成31
令和元年度
【B38】電子機器組立て
【D17】電子機器組立て
【A12】電子機器組立て
【D04】電子機器組立て
令和2年度【A12】電子機器組立て
【D16】電子機器組立て
令和3年度
【B34】電子機器組立て
【D17】電子機器組立て
【A12】電子機器組立て
【D04】電子機器組立て
電子機器組立て技能士の過去問

過去問・テキスト・参考書

この段落内は書籍のプロモーション(PR)です。

・Rakuten Books:

電子機器組立て技能士1

・Amazon:

電子機器組立て技能士2

・おすすめの電子書籍Kindle本

[改訂版]電子機器組立の総合研究 Kindle版

この電子書籍は、電子機器組み立ての技能検定対策の研修で講師経験のある著者を中心に,スペシャリストが最新のJISや電子機器等について詳しく解説します。最近の技能検定の出題傾向をふまえた章末問題で実力チェックもできます。

(こんな方におすすめ)
・電子機器組立て(1・2級)を受験する人
・製造業(ものづくり)に携わる人

(目次)
第1章 電気の基礎理論
第2章 電子回路用部品
第3章 基礎電子回路
第4章 製図法
第5章 機器組立て法
第6章 電子材料
第7章 電子機器
第8章 機械工作法
第9章 品質管理と安全

・その他の電子書籍Kindle本

技能検定のKindle本0円表示あり

・上の0円表示はAmazonが提供するKindle Unlimited 全てのジャンル200万冊以上が読み放題初めての利用は30日間の無料体験、無料期間以降継続は980円/月、いつでも解約できます。

Kindle Unlimited 30日間無料体験

・いろいろなスマホとPCに対応のKindle無料読書アプリ

Kindle 無料読書アプリ

関連資格

技能検定の一覧

資格一覧を取得の難易度と偏差値でランキング表示

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

ホームに移動

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました