キャリアコンサルタント試験の日程。受験資格と難易度、合格率。副業も多い求人と年収。

国家資格

キャリアコンサルタントとは、キャリアコンサルティング技能・知識のレベルを証明する 国家資格であり、その中の名称独占資格です。

資格試験の難易度は偏差値表示で56。

合格率は2021年第16回試験実績として、 キャリアコンサルティング協議会が48.4% 。

日本キャリア開発協会が52.2% です。

受験資格は講習課程の修了または3年以上の経験、あるいは他技能検定の合格者などがあり詳細は下記します。

求人市場は活発で正社員の給料は年収として400~500万円程度。

副業としての選択も可能で、時給1500円前後です。

キャリアコンサルタント試験の概要。受験資格・難易度・合格率、求人と年収

キャリアコンサルタント試験の概要
資格種類国家資格
名称独占資格
受験資格・厚生労働大臣が認定する
講習の課程を修了。
・労働者の職業の選択、職業生活設計又は
職業能力開発及び向上のいずれかに関する
相談に関し3年以上の経験。
・技能検定キャリアコンサルティング職種
の学科試験又は実技試験に合格。
年収400~500円前後
試験の
難易度
□□□□□□普通
試験の
偏差値
56
合格率2021年第16回試験実績として
キャリアコンサルティング協議会:48.4%
日本キャリア開発協会:52.2%
合格基準学科試験は100点満点中、70点以上の正答率
実技試験は150点満点中90点以上の正答率
試験科目学科試験
Ⅰ キャリアコンサルティングの社会的意義

1 社会及び経済の動向並びにキャリア形成
支援の必要性の理解
2 キャリアコンサルティングの役割の理解

Ⅱ キャリアコンサルティングを行うために
必要な知識

1 キャリアに関する理論
2 カウンセリングに関する理論
3 職業能力開発(リカレント教育を含む)
の知識
4 企業におけるキャリア形成支援の知識
5 労働市場の知識
6 労働政策及び労働関係法令並びに
社会保障制度の知識
7 学校教育制度及びキャリア教育の知識
8 メンタルヘルスの知識
9 中高年齢期を展望するライフステージ
及び発達課題の知識
10 人生の転機の知識
11 個人の多様な特性の知識

Ⅲ キャリアコンサルティングを行うために
必要な技能

1 基本的な技能
(1) カウンセリングの技能
(2) グループアプローチの技能
(3) キャリアシート(法第15条の4第1項に
規定する職務経歴等記録書を含む。)の
作成指導及び活用の技能
(4) 相談過程全体の進行の管理に関する技能
2 相談過程において必要な技能
(1) 相談場面の設定
① 物理的環境の整備
② 心理的な親和関係(ラポール)の形成
③ キャリア形成及び
キャリアコンサルティングに係る
理解の促進
④ 相談の目標、範囲等の明確化
(2) 自己理解の支援
① 自己理解への支援
② アセスメント・スキル
(3) 仕事の理解の支援
(4) 自己啓発の支援
(5) 意思決定の支援
① キャリア・プランの作成支援
② 具体的な目標設定への支援
③ 能力開発に関する支援
(6) 方策の実行の支援
① 相談者に対する動機づけ
② 方策の実行のマネジメント
(7) 新たな仕事への適応の支援
(8) 相談過程の総括
① 適正な時期における相談の終了
② 相談過程の評価

Ⅳ キャリアコンサルタントの倫理と行動

1 キャリア形成及び
キャリアコンサルティングに関する
教育並びに普及活動
2 環境への働きかけの認識及び実践
3 ネットワークの認識及び実践
(1) ネットワークの重要性の認識及び形成
(2) 専門機関への紹介及び専門家への照会
4 自己研鑽及び
キャリアコンサルティングに関する指導を
受ける必要性の認識
(1) 自己研鑽
(2) スーパービジョン
5 キャリアコンサルタントとしての
倫理と姿勢
(1) 活動範囲・限界の理解
(2) 守秘義務の遵守
(3) 倫理規定の厳守
(4) キャリアコンサルタントとしての姿勢

実技試験
Ⅰ キャリアコンサルティングを
行うために必要な技能
1 基本的技能
2 相談過程において必要な技能
免除科目キャリアコンサルタント学科試験又は
実技試験においてどちらか片方の合格者は
合格している試験が免除されます。
(有効期限はなし)
技能検定キャリアコンサルティング職種の
1級又は2級の学科試験、実技試験の
どちらか片方の合格者は
キャリアコンサルタント試験の
対応する試験が免除されます。
試験の
申し込み
① 12月中旬~翌年1月上旬頃まで
② 4月上旬~下旬頃まで
③ 8月中旬~9月上旬頃まで
実施2団体の公式サイトにて要再確認
試験日
試験日程
学科試験と実技(論述)試験
① 3月上旬
② 6月下旬
③ 11月上旬頃
実技(論述)試験
① 3月中旬(下旬)
② 7月上旬(中旬)
③ 11月上旬(中旬)頃
実施2団体の公式サイトにて要再確認
合格発表① 4月中旬頃
② 8月中旬頃
③ 12月中旬頃
試験地
試験会場
・日本キャリア開発協会(JCDA)
札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、
広島、高松、福岡、沖縄

・キャリアコンサルティング協議会
学科試験+実技(論述)試験
札幌、東京、名古屋、大阪、福岡、
広島、沖縄
実技(論述)試験
札幌、東京、名古屋、大阪、福岡、
広島、沖縄、神奈川(横浜)、
埼玉(大宮)、兵庫(神戸)
受験料学科試験 8,900円
実技試験 29,900円
※両機関共通
問合せ日本キャリア開発協会
キャリアコンサルタント試験
受験サポートセンター
03-5209-0553

キャリアコンサルティング協議会
03-5402-4688
公式
サイト
日本キャリア開発協会(JCDA)

キャリアコンサルティング協議会

厚生労働省
更新キャリアコンサルタントの登録を継続
するためには更新講習を更新期間内に
一定時間数以上受講の上、
更新を行う必要があります。
更新講習の受講について
キャリアコンサルタント試験の概要

キャリアコンサルタント試験テキスト・参考書・過去問と通信講座

キャリアコンサルタントの過去問、テキスト・参考書

独学。テキスト・参考書

テキスト・参考書・問題集1

テキスト・参考書・問題集2

独学。 過去問・過去問題集。

日本キャリア開発協会(JCDA)の過去問。
学科試験問題&正答と実技試験(論述)問題のPDF

キャリアコンサルティング協議会の過去問

学科試験問題&正答と実技試験(論述)問題のWordとPDF

キャリアコンサルタント試験の通信講座

資格の大原が選ばれる理由!間違いの無いスクール選択を

LECの書籍が最大10%OFF!

資格難易度ランキングに移動

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

ホームに移動

タイトルとURLをコピーしました