是非取りたい業務独占資格とは、求人需要が有る、おすすめ業務独占資格一覧。転職や就職に有利な国家資格。

おすすめ資格

社会的に信頼性が高い資格のカテゴリ、国家資格の中の業務独占資格を下に一覧表表示しました。業務独占資格は『その資格がなければその行為、業務を行ってはならない』という事が各法令に明記されています。その指定される独占業務の中で将来も衰えることとなく、有望なものはどれでしょうか?もしこの業務独占資格があれば一生困らない!ということを前提の資格選びした方が良いのは言うまでもありません。AIには成しえない、その業務独占資格の将来需要が重要です。

業務独占資格って
名前的に有利な資格だね。

そうそう。
その業務の需要が多かったら
売り手市場ね!

その業務需要が多くて、
試験が簡単な資格が良いな

みんな考えることは同じね。

業務独占資格とは

国家資格を分類した場合の一つの分類、業務独占資格とはその業務の実行を法的かつ独占的に行うことができる資格を言います。

たとえば弁護士の場合は弁護士法、医師なら医師法というように、それぞれの資格の根拠となる法令があり、「その資格がなければその行為、業務を行ってはならない。」という事が各法令に明記されています。

よって、業務独占資格は多数ある資格の中でも社会的な信頼性が高いカテゴリとされています。そしてその規定範囲は各省庁、都道府県、市町村にまでも記述されています。

この分類方法で他のものは名称独占資格、必置資格、技能検定がありますが、最も求職に有利な業務独占資格の立場から見れば、独占資格であるが更に他の分類にも重複するという事が多く、業務独占資格は名称独占資格も兼ねます。

例えば一級建築士の資格を有しないものは、一級建築士と名乗ってはいけないなどです。

実は僕、業務独占資格を持ってるんだ!

すごいね!
なんの業務独占資格なの?

普通自動車運転免許。

。。。。。。。。。
まぁ一応ね、道路交通法84条

反応は、まぁー一応ね、か。。。
やっぱ、告るのは司法試験合格後だな。

業務独占資格と名称独占資格の違い。業務独占資格と必置資格の違い。

国家資格は、それぞれの法律で定められていますが、その規制の種類によって、以下の4つに分類できる。ただし業務独占資格は名称独占資格も兼ねます。

① 業務独占資格

弁護士や公認会計士など、資格を持っている人だけが、独占的にその業務(行為)を行うことが法律に規定されており、業務独占資格と呼ばれています。

② 名称独占資格

管理栄養士、気象予報士、作業療法士など多数ありますが、資格を持っている人だけが、その名称を名乗ることができる資格。資格の呼称とそれに類似したり、まぎらわしい呼称の利用が禁止されています。


業務独占資格は、同時にこの名称独占資格でもあります。

③ 必置資格(設置義務資格

宅地建物取引士、旅行業務取扱管理者などが多数あるが、特定の事業を行うときに、法律、法令で一人または複数人を設置することが義務づけられている資格です。

④ 技能検定

1~3級ファイナンシャル・プランニング技能士など他多くあるが、国家検定は職業能力開発促進法に基づき、業務で必要とされる技能の習得レベルを国が認定しています。

有償業務独占資格、無償業務独占資格と行為独占資格

どのような資格がどのような時に業務独占になるのか、おおむねではあるけれども、三種類に区分できます。

有償業務独占資格

報酬をもらう業務(有償業務)のみが独占になる。資格の定義が記載されている法律の、業務独占規定の中に『資格のない人は報酬を得てその業務をできない』というような旨の記載がある資格を指します。

例として弁護士、公認会計士、行政書士など

無償業務独占資格

有償に加え、無償の業務も独占になる資格。優勝無償に関わらず業務独占になる。根拠法律には『資格のないものは業務を行えない』というような旨の記載がある資格を指します。

例として医師、看護師、司法書士など

行為独占資格

業務とは限らず行為自体が独占になる資格。

例として運転免許、建築士(設計や工事監理など)

主な業務独占資格の一覧と難易度分けしてみる。

高難易度1の業務独占資格

弁理士、不動産鑑定士、地方公務員上級、税理士、司法書士、司法試験、国家公務員総合職、公認会計士、一級建築士、医師、不動産鑑定士、

難易度二番目の業務独占資格

土地家屋調査士、電気主任技術者(電験三種・二種・一種)、地方公務員中級、測量士、消防官、小学校教諭免許状、高等学校教諭免許状、社会保険労務士、国家公務員一般職、国税専門官、行政書士、薬剤師、行政書士、気象予報士、海事代理士、水先人、歯科医師、獣医師、

難易度三番目の業務独占資格

臨床検査技師、旅行業務取扱管理者、幼稚園教諭免許状、土木施工管理技士、電気工事士、通関士、宅地建物取引士(独占業務あり)、管理業務主任者、二級建築士、木造建築士、測量士、土地改良換地士、指定自動車教習所指導員、自動車整備士1級、

難易度四番目の業務独占資格

危険物取扱者(乙種4類など)・理学療法士、診療放射線技師、養護教諭免許状、ボイラー技士、ボイラー溶接士、ピアノ調律師、はり師、きゆう師、ふぐ調理師、歯科衛生士、作業療法士、言語聴覚士、警察官、看護師、助産師、ボイラー技士、自動車検査員、浄化槽設備士、美容師、理容師、潜水士、視能訓練士、高圧室内作業主任者、柔道整復師、発破技師、技師装具士

=>「スタディング」のコース一覧やキャンペーン情報、無料お試しはコチラ!

業務独占資格の定義参考

総務省が記載する業務独占資格 

厚生労働省が記載する業務独占資格

将来も求人需要が安定している医療と福祉の業務独占資格一覧

業務独占資格

下記一覧は絶対に外せない国家資格ばかりで、業務独占資格と名称独占資格です。


資格者本人にとっては、日本社会への貢献として仕事をすることの意義を感じるだけでなく、求人需要は将来に渡り拡大することは、人口構成からすでに決まっている事ですので、ぜひ資格取得を目指してください。

✔ 以下リンク先は試験の詳細です。
全て厚生労働省管轄の国家資格です。

医療と福祉系の業務独占資格

医師 :医師法
歯科医師 :歯科医師法
看護師 :保健婦助産婦看護婦法
准看護師 :保健師助産師看護師法(都道府県知事交付)
薬剤師 :薬剤師法
歯科衛生士 :歯科衛生士法
歯科技工士 :歯科技工士法
診療放射線技師 :診療放射線技師法

医療と福祉系の業務独占資格(診療の補助としての業務独占)

作業療法士 :理学療法士及び作業療法士法
理学療法士 :理学療法士及び作業療法士法
義肢装具士 :義肢装具士法
臨床検査技師 :臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律
臨床工学技士 :臨床工学技士法
言語聴覚士 :言語聴覚士法
救急救命士 :救命救急士法
視能訓練士 :視能訓練士法
言語聴覚士 :言語聴覚士法

全ての資格が名称独占資格を兼ねるますが、業務独占に関しては厚生労働省の資料には、
『※3 業務独占は、保健師助産師看護師法第31条第1項及び第32条の規定にかかわらず、診療の補助として行う業務である。』という記載があります。

その厚生労働省の文書『医療関係職種に係る「資格の性格」等一覧』の末尾の記載を参照してください。

おすすめの業務独占資格、適度な難易度編

電気主任技術者(通称、電験三種・二種・一種)

適度な難易度という表現がとてもあいまいではあるのですが、おすすめは土地家屋調査士、電気主任技術者、中小企業診断士などと言いたいところですが、難易度がそれなりに高くて、全部5-7%程度の合格率です。

でも、もし電気技術系の学校を出た人であれば、まずは電気主任技術者の中の最初のステップである通称、電験三種の勉強からはじめて、同時進行あるいは前段階で電気工事士の資格取得と現場実績を積むことが望ましく、そして電験三種を取得後は、その上の二種、一種を是非目指してください。

常に求人はたくさんあります。三種であっても合格率は一桁で難易度は高めですが、全国の現場の9割にカバーできることも有り、生涯使えて十分に価値ある資格です。

3~6か月を受験準備期間と設定した場合は、宅地建物取引士(宅建士)

高難度の法律、会計の系統をまずは除外、求人はとても多いけど看護師さんなど計画性をもって目指す医療系も除外、それと同じく一般公務員も除外すると、最有力は宅地建物取引士です。

なぜ宅地建物取引士なのかといえば、設置義務に関して、たとえば旅行業務取扱管理者は、「営業所毎に1名以上確保する必要があり、従業員が10名以上の営業所の場合は2名以上の旅行業務取扱管理者を確保すること」となっています。

つまり旅行業務取扱管理者は一営業所の中、9従業員までは一人の資格者、10従業員以上、大人数であっても2資格者でOKとなります。

 かたや宅地建物取引士の設置義務は

5人に1人以上の割合で宅地建物取引士

そして専任の登録が必要。

1営業所100従業員だったら
20人の専任宅建士の登録が必要

しかも不動産会社って多いしね。どうりで宅建士の求人を
たくさん見るわ 。

宅地建物取引士の受験準備期間は6から12か月、合格率は15%前後ですが働き方ながらでも効率的に学習すれば、独学でも1回合格が可能です。

宅地建物取引士は国家資格の中でも不動産の契約を締結するプロセスの中に必須の独占業務がある業務独占資格で、かつ名称独占必置資格(設置義務資格)にもあてはまります。

そして営業職に限らず宅建事務職での求人もありますので、内勤希望の人にも求人があるため、受験者は学生から主婦も含めてとても幅広く、1年1回の試験に約20万人が集まる、人気トップクラスの国家資格です。

※この場合の業務独占は不動産の一般営業を指すものではなく、契約書を締結する事に至るプロセスの中で例えば重要事項の説明と交付その他の行為に宅地建物取引士のみが行える部分業務があります。そしてこのプロセスなしに契約は成立しません。

具体的にその独占業務とは重要事項の説明、重要事項説明書への記名・押印、37条書面(契約書)への記名・押印です。

危険物取扱者、乙種第4類。通称乙4

小学生が合格したって本当ですか?

沢山の子供が合格してるわ。

2020年は小学1年生、最年少合格

その子供、どうやって勉強したのかな?

その小学生はコミックよ。
でも大人用の1番人気は
このベストセラーね。

通称、乙4です。
国家資格で必置資格そして業務独占資格の危険物取扱者の登竜門、乙種第4類は大人気です。


・乙4だけで、充分な仕事がある。
・日常的に勉強している学生であれば3日間の勉強でも受験体制が整う
・一般的には一か月の勉強で合格と言われている
・乙4の合格後は乙種の全類へと発展性がある


乙4の詳しくは、こちらのページ

業務独占資格にダブルライセンスの可能性

宅建士からダブルライセンスへ

上記の宅地建物取引士にプラスして、日商簿記二級、管理業務主任者、土地家屋調査士、さらには司法書士など、有利なダブルライセンスにしての発展形はいろいろ考えられます。

例としては

宅地建物取引士 + 日商簿記二級  不動産会社取締役、建設会社会社の建築用地の取得関連、銀行など金融関連の不動産融資セクション

宅地建物取引士 + 管理業務主任者  一般マンションの管理会社、建築分譲も行う大手不動産会社

宅地建物取引士 + 土地家屋調査士 → 建築分譲も行う大手不動産会社、銀行など金融関連の不動産融資セクション

宅地建物取引士 + 司法書士 → 独立、司法書士事務所開設

宅建士試験テキスト、売れ筋ランキング1位

電気工事士からダブルライセンスへ

電気工事士で現場技術を磨き

そして電験三種を取る!

最強ですね。一生困りません。
あなたについていきます

電気工事士 + 電気主任技術者(第三種) → 全国の電気工事現場の9割をカバーする電気工事技術者またはその電気工事の現場の保安監督

電気工事士は施工する技術者

電気主任技術者(第三種)は通称、電験三種

電験三種は電気の現場監督的な仕事です。

電気工事そのものを施工する事はありません。

実際はこの電験三種のみで十分ではあるのですが、

できれば電気工事士の資格と実務経験を得て、その過程でこの電験三種に合格すれば、現場や会社から一目置かれ、周りから尊敬される立場に値します。

電気主任技術者三種テキスト、売れ筋ランキング1位 
試し読みできます

危険物取扱者、乙種4類からダブルライセンス

乙種4類 + 同種その他の類 → 甲種受験
取り扱える種類が増えます。
甲種は危険物の全種になります。

乙種4類 + 牽引大型運転免許
タンクローリーを扱える=高収入で、不況に強い

乙4とその他全種の詳しくは、こちらのページ

参考書ベストセラー

タイトルとURLをコピーしました