薬剤師国家試験の日程と難易度・合格率・合格基準・過去問。就職や転職に関し、薬剤師の年収。

国家資格

薬剤師は医師と同様に国家資格の中の業務独占資格です。人材不足の薬剤師は活躍の場がとても広いこともあり、同様に転職の選択も日本全国に幅広くあります。薬剤師国家試験の概要と資格を取得してからの就職や転職の方法、年収はいくらくらいなのか記載します。

薬剤師国家試験の概要

薬剤師国家試験1st

薬剤師国家試験、資格の概要

資格種類 :国家資格

属性   :業務独占資格 名称独占資格 

将来性  :□□□□□

難易度  :□□□□□□

給料年収:600万円前後

職場として、調剤薬局、ドラッグストア、病院、日本企業、外資系企業

雇用形態として、正社員、派遣、パートタイム

地域として、どこの地域に勤務するのか

勤務地、職場の種類、雇用形態で年収は大きく変化します。

薬剤師になるために学習している期間内に、周りの環境からこのような情報やデータは具体例として必ず蓄積されるはずですので、記憶に残す、記録を取るなど将来の検討材料としてください。

合格率  :
近年は68%前後。(新卒85%前後)

参考偏差値:63

受験資格 :
・6年制薬学課程を修めて卒業した者(期日までの卒業見込みを含む)

・「薬剤師法の一部を改正する法律」の経過処置において、2006年度から2017年度までに入学した4年制薬学教育課程の卒業生が大学院課程を修了したかつ厚生労働大臣が認めた場合。

他、受験資格の詳細

薬剤師国家試験の試験の方式と合格の基準

試験方法 :

試験は二日間行われ
「必須問題」が90問、「一般問題(薬学理論問題)」が105問、「一般問題(薬学実践問題)」が150問の合計345問
正答肢選択問題が多いが、薬学実践問題は複数正答もある

合格基準 :

以下のすべてを満たすことこと。禁忌肢の選択状況も合否判断に関わる。

  1. 問題の難易を補正して得た総得点について、平均点と標準偏差を用いた相対基準により設定した得点以上であること
  2. 必須問題について、全問題への配点の70%以上で、かつ、構成する各科目の得点がそれぞれ配点の30%以上であること

薬剤師国家試験の科目

物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度・倫理、実務

試験日と日程

試験日と日程
受験申し込み:例年1月上旬から

試験日:例年2月

願書:所属の学校にて受け取り
または既卒の方など受け取り方法の詳細は公式サイト確認

受験地
北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、徳島県及び福岡県

受験料:6,800円収入印紙

問い合わせ

薬剤師国家試験運営本部事務所
 東京都墨田区江東橋2丁目2番3号
 倉持ビルディング第2ビル6階
 郵便番号130-0022
 電話番号03(6659)9687

受験の申し込み

公式サイトにて提出先を確認

公式サイト

東京都千代田区霞が関1丁目2番2号 厚生労働省医薬・生活衛生局総務課試験免許係
郵便番号100-8916
電話番号03(5253)1111 内線2715

厚生労働省

薬剤師国家試験の過去問とテキスト

薬剤師国家試験2nd
薬剤師国家試験過去問と解説

Amazon薬剤師国家試験の過去問

楽天ブックス薬剤師国家試験のテキスト

薬剤師国家試験のテキスト

Amazon薬剤師国家試験のテキスト

電子書籍

すでにメンバーの人も多いと思うのですが、Amazonが提供するKindle Unlimited 200万冊以上が読み放題、月額980円ですが、好きな端末で利用可能。

初めての利用は30日間の無料体験が可能となっており、資格関連の電子書籍も非常に多いので、30日無料期間中だけでも試す価値ありです。自分も試したのですが、調べ物が楽な事と読書が生活の一部になってしまい、半年続いています。

Kindle Unlimited 無料体験
(Amazonアカウントに要ログイン)

書籍を読むために現在お使いのスマホ、タブレット、PCなどに
Amazonが提供する読書専用アプリ、無料本の検索が簡単で読みやすい。

Kindle 無料アプリ

薬剤師の転職ならジョブデポ薬剤師

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

あわせて「資格の一覧、偏差値と難易度ランキング」を参照ください。

ホームに移動

タイトルとURLをコピーしました