税理士試験

国家資格

下に税理士試験の概要を記載します。

会社員で税理士資格を取得すると会社からは信頼され、同僚からは尊敬を集めます。

それでは起業の場合はどうなのか?

例えば、互いの効率化のために自身の税理士事務所と顧客をクラウド会計で結ぶことはもちろんですが、大企業を除けばユーザー市場はそれを導入していない会社が多数ありますので、そこにまたビジネスチャンス有りなのでしょう。

このような例えは、税理士を目指す方々はもちろん、僕のような一般人にも数秒で思い浮かぶことです。

税理士であれば、あるいは税理士試験の合格を目指す方であれば『〇年計画で独立開業』頭の片隅にはあるはずです。

数は多くないけど、今まで独立した弁護士や税理士の知り合いを見て僕が思う事。別業種で起業した多数の知り合いを見て思う事。そして僕自身が昔に海外で起業して長年事業を続け実際に感じたこと。

それらに共通なものがあります。
それは「プレッシャー」なのですが、特に事業が軌道に乗るまでの精神的プレッシャーです。

なぜそうなるかと言えば、開業前の想定より売り上げが下回って、次々やってくる固定経費が精神にプレッシャーをかけます。それでも弁護士や税理士たちのケースは皆が一念発起して結果的には商売を軌道に乗せました。

それとは別に僕の経験が特殊なのか?
絶対に独立は駄目な職種の人がいます。
全員が独立に失敗したからです。
そういう彼らの前職ですが、銀行マンです。
顧客や他人のBS/PLを何年も評価してきた人たちです。

彼らには悪いけど、開業前から話を聞いて「たぶん失敗する」と思っていました。
そして彼らからいつも聞こえた『こんなはずはない。。。』
もう、このセリフはもう聞きたくないと思っています。

読んでいただいている方が、今は内勤だけど「自分は営業マンになりきれる」と言える方であれば良いのですが、『ぜひ営業スキルを磨くことも心がけてください。』

税理士試験の概要

税理士試験1st

税理士試験の将来性、難易度、受験資格と免除制度など

資格種類 :国家資格

属性   :業務独占資格 名称独占資格

将来性  :□□□□□

難易度  :□□□□□□
  
受験資格 :
学位による受験資格、所持する資格による受験資格、職歴による受験資格がある。
詳細は国税庁サイト

免除制度 :

資格による試験免除
弁護士、公認会計士(一部に要研修)が試験免除になる、

学位取得で科目免除
大学院に進学し指定科目において学位を取得した人に、それぞれの科目免除規定がある。

国税従事による科目免除
10年又は15年以上税務署に勤務した国税従事者は税法系の科目が免除
23年又は28年以上税務署に勤務し、指定研修を修了した国税従事者は会計系の科目免除

税理士試験の内容と合格率や参考偏差値、合格の基準とその条件

合格率  :

2018年2019年2020年
受験者数30,85029,77926,673
一部科目合格4,0444,6394,754
官報合格672749648
合格合計4,7165,3885,402
合格率%15.318.120.3
税理士試験合格率


参考偏差値:76

合格基準 :

5科目すべてで合格で税理士試験に合格したことになる(官報合格)
ただし科目毎に科目合格が認められ、1度合格した科目は生涯有効

税理士試験の合格基準は各科目共通で満点の60%と公表されているが、しかし教育機関の研究では、実質的には競争試験と言われている。その内容として、実際の試験結果から会計科目は50~55%程度、税法科目は65~75%が合格ラインの目安となっており、この場合、税法科目の合格基準を75%に置き換えて認識することが重要。

試験内容 :
必修会計2科目:「簿記論」と「財務諸表論」
1科目選択:「所得税法」あるいは「法人税法」
2科目選択:「相続税法」「消費税法または酒税法」「国税徴収法」「住民税または事業税」「固定資産税」の中から。

試験時間 :各科目2時間
時間割の例、2020年の場合

1日目9時から11時簿記論
12時30分から14時30分財務諸表論
15時30分から17時30分消費税法
又は酒税法
2日目9時から11時法人税法
12時から14時相続税法
15時から17時所得税法
3日目9時から11時固定資産税
12時から14時国税徴収法
15時から17時住民税又は
事業税
税理士試験時間



試験形式 :記述式、理論と計算。

税理士試験、試験日などの日程と申し込み手順

官報掲載:例年4月に官報に掲載

受験申込用紙の交付
例年4月下旬~5月上旬に各国税局および沖縄国税事務所にて受験申込用紙を交付
(郵便で申込の請求もある)

受験申込期間
例年5月中旬~5月下旬に各国税局・沖縄国税事務所にて受験申込。
自分が試験を受ける予定の受験地を管轄する国税局及または沖縄国税事務所にて申込み

試験
例年:8月上旬の平日3日間で試験が実施される。

合格発表:
例年、12月中旬
5科目合格者には受験番号、氏名が官報に掲載され合格証書送付。
科目合格者には結果通知が送付される。

以上すべての条件は国税庁税理士試験のページで再確認してください。

税理士試験の過去問やテキストなどと、通信講座

税理士試験2nd
税理士試験の過去問題集

Amazon 過去問

楽天ブックス 過去問

税理士試験のテキスト

Amazon テキスト

楽天ブックス テキスト

税理士試験の講座

「スタディング 税理士講座」は、短期間で合格した人々の勉強法を徹底的に研究することで開発したオンライン講座です。

スタディング 税理士講座

業務独占資格のページへリンク

タイトルとURLをコピーしました