社会保険労務士 試験

国家資格

社会保険労務士は労働・社会保険の関連の専門家。総務課や人事課には欠かせない資格です。その社会保険労務士試験の詳細です。

この社労士と同時に必置資格である、衛生管理者の資格を取得して専任登録されている方も多いようです。

業務に欠かせない、法律上の義務に欠かせないダブルライセンスの人材は、会社にとって大事な存在になります。

社会保険労務士、試験の概要

社会保険労務士試験1st

社会保険労務士、試験の難易度と将来性や年収、受験資格と免除制度

資格種類 :国家資格

属性   :業務独占資格 名称独占資格

主な仕事 :
各種保険の手続きと給与計算
人事・労務問題の相談と解決
年金関連の手続き業務

年収   :500万円前後

免除制度 :
試験科目の一部免除に関して
試験科目の一部免除資格者一覧

社会保険労務士の試験申し込みと合格率や参考偏差値、合格の基準とその条件

合格率  :6.5%前後

項目令和2年結果令和元年
受験申込者数49,250人49,570人
受験者数34,845人38,428人
合格者数2,237人2,525人
合格率6.4%6.6%


参考偏差値:62

試験形式と内容 :

試験科目択一式選択式
労働基準法及び労働安全衛生法1点×10問5点×1問
労働者災害補償保険法1点×10問5点×1問
雇用保険法1点×10問5点×1問
労務管理その他の労働に関する一般常識1点×10問5点×1問
社会保険に関する一般常識この科目を
上10問に含む
5点×1問
健康保険法1点×10問5点×1問
厚生年金保険法1点×10問5点×1問
国民年金法1点×10問5点×1問
合  計70点40点
社会保険労務士の試験内容

択一式は5肢択一

選択式は8題出題。各問ごとに5つの空欄があり、その空欄に表示された20個の選択肢の中から選んで記載する。

・労災法と雇用保険法には、保険料の徴収などに関する法律を含む。

合格基準 :
択一式試験は70点満点の49点(7割)
プラス各科目最低3点以上が目安

選択式試験は40点満点の28点(7割)
プラス各科目最低4点以上が目安

各年度毎の試験問題に難易度の差が生じることから基準点の補正はある。

試験時間 :
選択式/1時間20分
択一式/3時間30分

社会保険労務士、試験の試験日と申し込み手順

試験日日程  :
公示は例年4月中旬
受験受付期間は例年4月中旬から5月末
試験センターへ持参または郵送
試験日は例年 8月第4日曜日
選択式/10:30〜11:50 (1時間20分)
択一式/13:20〜16:50 (3時間30分)

受験料  :9,000円

試験申込み
全国社会保険労務士会連合会試験センター

公式サイトのサイト内にある【社会保険労務士試験 受験案内】を参照。

〒103-8347 東京都中央区日本橋本石町3-2-12 社会保険労務士会館5階

TEL03-6225-4880

社会保険労務士試験の過去問、参考書、テキストなどと、通信講座

社会保険労務士 試験2nd

社会保険労務士 試験の過去問

前回の試験内容(過去問)、公式サイトリンク(無料)

Amazon 社会保険労務士 過去問

楽天ブックス 社会保険労務士 過去問

社会保険労務士試験 テキスト

Amazon 社会保険労務士 テキスト

楽天ブックス 社会保険労務士 テキスト

社会保険労務士 試験対策講座

フォーサイトの2020年社会保険労務士 試験の合格率は23.9%。

2020年度の合格率は全国平均の3.73倍!短期間で社労士に合格できる話題の勉強法とは?

ユーキャンの社会保険労務士講座は、開講実績30年以上

ユーキャンの社会保険労務士講座

隙間時間の活用は

月額定額サービス【ウケホーダイ】

タイトルとURLをコピーしました