統括管理者の講習会と再講習。

国家資格

統括管理者とは、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行規則第30条第2号イの規定」に基づき、建築物環境衛生総合管理業等の登録に選任する、業務全般を統括する国家資格者の事であり、必置資格および業務独占資格。

資格の取得方法は、取得に向けて実施される3日間(21時間)の統括管理者講習会を受講しその最後に行われる修了考査(試験・1.5時間)に合格する事。

合格率と難易度

この資格の特徴として、受講資格が「建築物環境衛生管理技術者免状の交付を受けている者」という前提になります。

統括管理者講習会の良好な出席状況を前提として合格率はほぼ100%で、講習会の最後に行われる試験を含め、統括管理者資格取得に向けての難易度は、偏差値表示で53です。

講習会(新)の概要

申し込み

講習日程
新規の場合は
統括管理者講習会日程表
参照して下さい
講習地東京、愛知、大阪、福岡、沖縄
(不開催の地域もありえる
上記リンクを参照)
受講資格建築物環境衛生管理技術者免状
の交付を受けている者
講習内容3日間、合計22.5時間
・建築物環境衛生制度:2時間
・建築管理総論:7時間
・建築物環境衛生管理技術:9時間
・業務計画と業務管理:3時間
・修了考査(試験):1.5時間
合格基準全講習の受講と修了考査に合格
受験料45,000円 非課税
主催

問合せ
公益財団法人
日本建築衛生管理教育センター
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-6-1
大手町ビル7階743区
電話 03-3214-4624

日本建築衛生管理教育センター
関西支部
電話 06-6836-6605
統括管理者の講習会の概要

再講習の概要

修了証書の有効期限は6年になっており、その継続(更新)で再講習の受講になります。

再講習の修了証の有効期限は新規の時と同様に6年です。

申し込み

講習日程
再講習の日程
統括管理者再講習会日程表
参照して下さい
講習地東京、愛知、大阪、福岡、沖縄
(不開催の地域もありえる
上記リンクを参照)
受講資格次の1,2のいずれかに該当する方

1.厚生労働大臣登録統括管理者講習会を
修了した者

2.厚生労働大臣登録統括管理者再講習会
を修了した者

(注意事項)
修了証書の有効期限が切れている場合
でも、受講する講習会の種類は
再講習会となります。
講習内容2日間、合計13時間
・建築物環境衛生制度:1.5時間
・建築物環境と公衆衛生:1.5時間
・建築管理総論:2時間
・建築物の維持管理に係る適正な
 コスト意識:2.5時間
・建築物環境衛生管理技術:2.5時間
・業務計画と業務管理:2.0時間
・修了考査(試験):1.0時間
合格基準全再講習の受講と修了考査に合格
受講料34,000円 非課税
主催

問合せ
公益財団法人
日本建築衛生管理教育センター
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-6-1
大手町ビル7階743区
電話 03-3214-4624

日本建築衛生管理教育センター
関西支部
電話 06-6836-6605
統括管理者の再講習の概要

通信講座

統括管理者に限ったものではなく、技術系全般としておすすめです。

〔PR〕総合通信教育のJTEX。

資格や技能にあった講座を多数取扱い。

約200の講座から選べる総合通信教育。

関連書籍

この段落内は書籍等のプロモーション(PR)です。

Rakuten Books:

甲種危険物取扱者

Amazon:

甲種危険物取扱者の電子書籍Kindle本0円表示あり

ビルメンの電子書籍Kindle本0円表示あり

・上の0円表示はAmazonが提供するKindle Unlimited 全てのジャンル200万冊以上が読み放題初めての利用は30日間の無料体験

Kindle Unlimited 30日間無料体験

・いろいろなスマホとPCに対応のKindle無料読書アプリ

Kindle 無料読書アプリ

関連資格

建設業/建築の資格一覧

建築物環境衛生管理技術者

清掃作業監督者

排水管清掃作業監督者

衛生管理者

資格一覧を取得の難易度と偏差値でランキング表示

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

ホームに移動

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました