電気通信工事施工管理技士1級と2級の受験資格、過去問とテキスト。試験の難易度は偏差値表示54と46

国家資格

電気通信工事施工管理技士とは、2019年に新設の国家資格。

電気通信工事施工管理技術検定の合格者は、電気通信工事施工管理技士になり、建設業法第27条で必要とされる専任技術者や電気通信工事の主任技術者、または監理技術者の指名を受けることができます。

試験( 電気通信工事施工管理技術検定 )の難易度は偏差値表示で1級が54。

2級の難易度は偏差値表示で46です。

試験の合格率は50%前後ですが詳細は下記します。

1級電気通信工事施工管理技士は、特定建設業の「営業所ごとに置く専任の技術者」及び現場に配置する「監理技術者」の指名を受けることができます。

2級電気通信工事施工管理技士は、一般建設業の許可に関連し「営業所ごとに配置する専任の技術者」そして「建設工事における主任技術者」として指名を受けることができます。

インターネットや携帯電話回線なども電気通信工事に含まれています。

今後の5Gが普及もあり、さらに高い資格者の需要が見込まれます。

2021年より創設の「技士補」

令和3年よりの新試験制度におきましては 「技士補」 が創設されています。

技師補の要件は第一次検定の合格です。

1級技士補は、主任技術者の資格(2級施工管理技士など)があれば、監理技術者の補佐になる事ができます。

この場合、一定条件を満たした2つの現場を兼任できますので、技術者不足の解消につながり、会社側から見て重要人材になります。

電気通信工事施工管理技士の試験概要、技術検定。

電気通信工事施工管理技士の試験概要、技術検定。
資格種類国家資格
名称独占資格
受験資格
実務経験
1級の受験資格
学歴・指定学科・実務経験の詳細

2級の受験資格
学歴・指定学科・実務経験の詳細
試験の
難易度
1級:□□□□□□普通
2級:□□□□□□普通
偏差値1級:54
2級:46
合格率近年の実績として
1級一次検定(学科試験):49.1%
1級二次検定(実地試験):49.3%
2級一次検定(学科試験):63.9%
2級二次検定(実地試験):42.9%
合格基準1級
・第一次検定(全体) 得点が 60%
(施工管理法(応用能力)) 得点が 40%
・第二次検定 得点が 60%
2級
・第一次検定 得点が 60%
・第二次検定 得点が 60%
以上を基準としているが、変更はありえる
試験科目第一次検定
電気通信工学等の知識 :
(1)電気通信工学、電気工学、土木工学、
機械工学及び建築学に関する知識
(2)有線電気通信設備、無線電気通信設備
放送機械設備等に関する知識
(3)設計図書に関する知識

施工管理法の知識:
施工計画の作成方法及び工程管理、
品質管理、安全管理等工事の施工の
管理方法に関する知識
(1級:監理技術者補佐として必要な知識)

施工管理法に関連した能力:
施工の管理を行うために必要な能力
(1級:監理技術者補佐として必要な応用能力)

法規の知識:
建設工事の施工に必要な法令に関する知識

第二次検定

施工管理法の知識:
監理技術者又は主任技術者として、
施工の管理を行うために必要な知識

施工管理法に関連した能力:
監理技術者又は主任技術者として、
設計図書で要求される電気通信設備の
性能を確保するために設計図書を理解し、
電気通信設備の施工図を作成し、
必要な機材の選定、配置等を
行うことができる応用能力
試験申込1級
5月上旬~5月中旬

二次検定
当年度一次合格者:
10月中旬から下旬

2級
「第1次検定(前期)」
3月上旬~3月中旬

「第1次検定・第2次検定、
第1次検定(後期)」
7月中旬~7月下旬
試験日程
試験日
合格発表日
1級
1級第1次検定
試験日: 9月中旬
合格発表日:10月中旬

1級第2次検定
試験日:12月上旬
合格発表日:翌年3月上旬

2級
「第1次検定(前期)」
試験日:6月上旬
合格発表日:7月上旬

「第1次検定・第2次検定(同日試験)、
第1次検定(後期)」
試験日:11月中旬
合格発表日:
・第1次検定(後期):翌年1月中旬
・第1次検定・第2次検定:3月上旬
受験料1級
第1次検定 13,000円
第2次検定 13,000円

2級
第1次検定・第2次検定(同日試験) 13,000円
第1次検定 6,500円
第2次検定 6,500円
試験地1級第1次検定
札幌、仙台、東京、新潟、金沢、名古屋、
大阪、広島、高松、福岡、熊本、那覇
(試験地については近郊都市も含みます。)
1級第2次検定
札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、
広島高松、福岡、那覇
(試験地については近郊都市も含みます。)

2級
第1次検定(前期)
札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、
大阪、広島、高松、福岡、那覇
 
第1次検定・第2次検定 (同日試験)
第1次検定(後期)
札幌、釧路、青森、仙台、東京、
新潟、金沢、静岡、名古屋、大阪、
広島、高松、福岡、鹿児島、那覇
(試験地については近郊都市も含みます。)
問い合わせ一般財団法人 全国建設研修センター
試験業務局
電気通信工事試験部電気通信工事試験課
〒187-8540 東京都小平市喜平町2-1-2
TEL 042(300)0205(代)
公式サイト一般財団法人全国建設研修センター
電気通信工事施工管理技士の試験概要

電気通信工事施工管理技士になると

電気通信工事施工管理技士になると

専任の技術者になれる

電気通信工事業には国土交通省大臣または都道府県知事より建設業許可が必要となり、その条件の一つに営業所ごとに『専任の技術者』を配置する必要があります。

この「専任の技術者」には条件を満たす実務経験者または国家資格保持者である施工管理技士です。

主任技術者、監理技術者になれる

主任技術者は元請や下請に関わらず全ての工事で配置する必要があります。

監理技術者は元請の特定建設業者において、総額4,000万円以上または建築一式の場合6,000万円以上の下請契約の締結には、工事を行う場所への設置が必須になります。

電気通信工事施工管理技士、試験の過去問とテキスト

過去問

公式サイトより過去問1

公式サイトより過去問2

テキスト、参考書

テキスト、参考書、問題集1

テキスト、参考書、問題集2

電気通信工事施工管理技士、電子書籍

スマホ、PCで読める電気通信工事施工管理技士の電子書籍

上のリンク先で0円表示の物は
Kindle Unlimitedメンバーであれば、無料で読めます。

Amazonが提供するKindle Unlimited 200万冊以上が読み放題
初めての利用は30日間の無料体験

Kindle Unlimited 無料体験

Kindle 無料読書アプリ

独学のサポートに通信講座

受験勉強の効率的な手順を知りたい、記述式試験の文章添削、実務経験の作文の書き方が良く分からないなどが疑問の場合は、専門家のサポートが早道です。

記述添削、作文作成代行、独学サポートに

2級電気通信工事施工管理技士

関連資格

建築施工管理技士(1・2級)
土木施工管理技士(1・2級)
電気工事施工管理技士(1・2級)
・電気通信工事施工管理技士(1・2級)
管工事施工管理技士(1・2級)
造園施工管理技士(1・2級)
建設機械施工技士(1・2級)
関連記事、施工管理技士の難易度一覧

資格難易度ランキングに移動

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

ホームに移動

タイトルとURLをコピーしました