公務員

国家資格

執行官になるには採用試験。給料は出来高制・歩合制。

執行官とは、各地方裁判所に所属する裁判所職員であり、裁判の執行等が主な仕事ですが、裁判で出された結論が任意に実現されない場合に、強制的に実現するために自らを執行機関として仕事をする、あるいは執行裁判所の補助機関としての業務、訴状等の送達(執...
国家資格

陸上自衛隊 高等工科学校生徒。合格率/倍率と難易度/偏差値

陸上自衛隊高等工科学校生徒とは、中学校卒業(卒業見込み含む)17歳未満を受験資格者としており、入学後の身分は特別職国家公務員として、各種技術の専門教育を受けること同時に、提携する通信制高等学校に入学し、生徒課程修了時に高等学校の卒業資格を取...
国家資格

衆議院事務局職員の総合職・一般職・衛視、衆議院法制局職員総合職の採用試験

衆議院事務局職員とは、特別職の国家公務員であり、国会の立法活動を補佐するさまざまな仕事に従事しています。 衛視(えいし)とは、公的機関等において警備や監視を行う者であり、ここにおいての衛視は衆議院の事務局に配属される国会職員です。 衆議院法...
国家資格

職業訓練指導員。試験と48時間講習の合格率と難易度。

職業訓練指導員とは、職業能力開発促進法に規定された国家資格であり、全国にある公の職業能力開発施設等で職業訓練を実施する指導員です。 資格の取得には、 職業能力開発総合大学を卒業 技能検定に合格 実務経験を有して試験に合格する 48時間講習を...
国家資格

外務省専門職員(外交官)。採用試験の内容と合格率/難易度

外務省専門職員とは、外務省および在外公館において、外交と領事業務もしくはそれに関連する事務を行う語学に堪能な職員であることが多く、海外の駐在地においては、経済協力・文化その他の分野における国際交流などに係る外交政策、そして外国政府との交渉・...
国家資格

航空管制官。採用試験の合格率と難易度

航空管制官になるには、航空管制官採用試験に合格し、国土交通省に採用された国家公務員となる必要があります。 仕事は航空交通の安全と、秩序ある流れを確保する目的で、空港の管制塔などから、あらゆる指示を主に操縦士に送る、航空交通管制業務を行う業務...
国家資格

気象大学校学生の採用試験。合格率/倍率と難易度/偏差値

気象大学校には一般の大学相当の教育を行う大学部と、気象庁職員の研修を行う研修部があります。 4年制である大学部においては、気象庁の幹部職員の養成機関としての役目もあり、気象大学校学生として採用されると、学生ですが気象庁職員として国家公務員一...
おすすめ資格

市役所試験(教養試験のみ)と東京23特別区の採用試験

多くの地方公務員試験は一次試験で「筆記試験」、二次試験で「面接試験」が実施されます。 この筆記試験は「教養試験」「専門試験」「論文試験」の3構成が主流ですが、論文試験は、二次試験で実施の場合もあります。 しかし専門試験がなく「教養試験のみ」...
おすすめ資格

地方上級公務員試験の合格率。難易度/偏差値と勉強方法

地方公務員試験を検討する時に、よく言われている事ですが地方上級と市役所上級の試験の難易度は 地方上級 > 市役所上級 この事から地方上級の受験対策をしておけば市役所上級も大丈夫。 しかし市役所上級の受験対策では地方上級は無理。 この事から、...
国家資格

国家公務員一般職(大卒程度)の合格率と難易度/偏差値

国家公務員一般職とは、主として省庁内の事務処理等の定型的な業務に従事する者です。国家公務員の仕事は、国益を見据え国民のために働き、国民生活や企業活動を支える環境を整備していく役割を担います。 試験区分は「大卒程度」場合は10区分ありその合格...