漢語水平考試(HSK)。6級・5級・4級・3級・2級・1級の難易度レベル

民間資格

漢語水平考試(汉语水平考试、略称:HSK)とは、中国語を母国語としない中国語学習者を対象として、中華人民共和国の教育部が認定する検定試験です。

HSKの難易度レベルとして、6級が難易度最高位で最低級が1級の筆記試験です。

そして別途、口頭試験としてHSKK(HSK口試=HSKK)という略称で初級、中級、高級の三段階の難易度で実施されています。

漢語水平考試、HSKの合格率

合格率は非公開です。

HSKの試験制度として、現在はスコア制度に移行しています。

その形式に近い例としてはTOEICで、試験結果はスコア表示で通知されます。

1級から4級はスコア表示ではありますが、合格基準点の目安として60%正答率(300点満点の180点、200点満点の120点)が公式サイトにて述べられています。

5級と6級に関しては、合格・不合格という表現ではなく、60%正答率(300点満点の180点)でその級の能力を有していると公式サイトに記載されています。

そして、下記載の難易度レベルについて、留学許可や通訳案内士の筆記試験免除の基準なども、級は分かれますが60%正答率を採用しています。

難易度レベル

HSK「6級180点以上」で、通訳案内士の中国語筆記試験が免除されます。

言語的に留学許可するための基準(難易度)として、中国においての多くのトップレベルの大学では、HSK「5級180点以上」を合格ラインにしてます。

難易度は級6級と5級に分かれますが、例としての上二つの許可基準は60%正答率です。

漢語水平考試(HSK)の難易度レベルは偏差値表示で6級が60、5級が55、4級が46です。

漢語水平考試(HSK)と中国語検定(中検)の比較

中国語検定(中検)と漢語水平考試(HSK)の比較した場合にどっちが良いかという事に関しまして、下表を参考にしてください。

日本において中国語の検定試験は多種あるのですが、中国語検定(中検)と漢語水平考試(HSK)が2大試験として有名です。

中検またはHSK特徴
漢語水平考試
(HSK)
中国政府が公認、中国国内の大学や
海外の企業で中国語関連の採用、
研修の評価基準に利用される
試験開催地は
日本国内:24都市+ネット
試験海外:118の国と地域
中国語検定試験
(中検)
一般財団法人日本中国語検定協会が
主催する、日中、中日の翻訳能力を
重視した検定試験
日本企業においてのビジネス文書や
正確さを求める商談に有利
試験開催地は
日本国内:53都市
海外:中国とシンガポール
漢語水平考試(HSK)と中国語検定(中検)の比較

試験概要

申し込み

試験日程
HSK
申し込み:随時受付
筆記試験1~6級:随時

HSKK
申し込み:試験日1~2ヵ月前
口頭試験:随時

以上、公式サイト参照
試験会場全国主要都市
変化が有るので公式サイト参照
受験資格制限なし。
受験料筆記試験 HSK
1級:3,740円
2級:4,950円
3級:6,160円
4級:7,370円
5級:8,580円
6級:9,790円

口頭試験
初級:4,752円
中級:5,832円
高級:7,344円

税込
試験内容聞き取りの試験終了後に、解答用紙に
記入する時間が若干与えられます。

1級

中国語の非常に簡単な単語と
フレーズを理解、使用することができる。
マークシート方式
・聞き取り(放送回数2回):20問
・読解:20問

2級

中国語を用いた簡単な日常会話を
行うことができ、初級中国語
優秀レベルに到達している。
マークシート方式
・聞き取り(放送回数2回):35問
・読解:25問

3級

生活・学習・仕事などの場面で
基本的なコミュニケーションを
とることができ、中国旅行の際にも
大部分のことに対応できる。
聞き取り・読解はマークシート方式、
作文は記述式
・聞き取り(放送回数2回):40問
・読解:30問
・作文:10題

4級

中国語を用いて広範囲の話題について
会話ができ、中国語を母国語とする
相手と比較的流暢にコミュニケーション
をとることができる。
聞き取り・読解はマークシート方式、
作文は記述式
・聞き取り(放送回数1回):45問
・読解:40問
・作文:15題

5級

中国語の新聞・雑誌を読んだり、
中国語のテレビや映画を鑑賞する
ことができ、中国語を用いて
比較的整ったスピーチを行うことが
できる。
聞き取り・読解はマークシート方式、
作文は記述式
・聞き取り(放送回数1回):45問
・読解:45問
・作文:10題

6級
中国語の情報をスムーズに読んだり
聞いたりすることができ、会話や
文章により、自分の見解を流暢に
表現することができる。
聞き取り・読解はマークシート方式、
作文は記述式
・聞き取り(放送回数1回):50問
・読解:50問
・作文:1題

口頭 HSKK 初級

中国語の基本的な日常会話を
行うことができる。
週に2~3時間の中国語学習を
半年から1年程度行った学習者に
適している。
・27問

口頭 HSKK中級
中国語を母国語とする人たちと
流暢に会話をすることができる。
週に2~3時間の中国語学習を
2年程度行った学習者に適している。
・14問

口頭HSKK 高級
中国語全般にわたる高度な運用能力を
有し、流暢に自分の意見を表現する
ことができる。
週に2~3時間の中国語学習を2年以上
行った学習者に適している。
・6問
合格基準1級、2級
60%(200点満点の120点)以上の
スコアが合格基準。

3級、4級
60%(300点満点の180点)以上の
スコアが合格基準。

5級、6級
スコアが通知される。
主催一般社団法人
日本青少年育成協会
HSK日本実施委員会
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂6-46
ローベル神楽坂ビル7F
TEL 03-3268-6601
漢語水平考試(HSK)の概要

通信講座

HSK対策が充実しています。

 〔PR〕様々な資格学習が1078円でウケホーダイ!【オンスク.JP】

過去問と公式テキスト

この段落内は書籍のプロモーション(PR)です。

Rakuten Books:

公式過去問集(電子書籍)

公認テキスト

Amazon:

公式過去問集

過去問で問題に慣れることが 合格への近道!

・公式過去問集の日本語版はこれだけ!

・聴力試験の音声がスマホで簡単にダウンロードできるので、 リスニング対策もばっちり!

・すべての中国語に和訳付き!

・解説が丁寧で分かりやすいので、自己学習での試験対策に!

公認テキスト

合格に必要な文法・単語 リスニングすべてを網羅! 

・合格に必要な事項を一冊でマスターできる!

・練習問題や模擬問題で実践形式の復習ができる!

・ネイティブによる音声をスマホで簡単にダウンロードできる!

・過去問集とセットでさらに完璧!

※上キャッチコピーは公式サイトの引用です。

スキマ時間にスマホ、家でPCで読む・音声DLを聞く

HSK過去問集Kindle本

HSK 公認テキストKindle本

中国語の勉強、電子書籍Kindle本0円表示あり

・いろいろなスマホとPCに対応のKindle無料読書アプリ

Kindle 無料読書アプリ

関連資格

中国語検定(中検)

漢検

資格一覧。偏差値でランキング表示に移動

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

ホームに移動

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました