生成AIパスポート試験。合格率/難易度と公式テキスト/問題集

民間資格

生成AIパスポート試験とは、AIに関する基礎知識、生成AIの簡易的な活用スキルの可視化を目的として、生成AI業界においての有識者たちによって監修された資格試験です。

対象となる受験者はエンジニア職に限らず、一般の方にもお勧めできる、生成AIパスポート試験は、「生成AI」「ChatGPT」についての、基本および最先端の知識を身につけている事を証明する資格試験であり、オンライン( IBT方式・Internet Based Testing)で実施されています。

合格率

実績として、生成AIパスポート試験の合格率は73.71%です。

年度受験者数合格者数合格率
2023年10月1,03176073.71%
生成AIパスポート試験の合格率

難易度

生成AIパスポート試験の難易度は偏差値表示で46です。

サンプル問題

「生成AIパスポート試験 サンプル問題」(PDF:74 KB)

生成 AI パスポート試験 – 四股択一式 – 例題 3 問

◇機械学習における「入力したデータに対して正解データのペアを与えず、データ自体のパターンや構造をモデルが自己で発見することでトレーニングする手法」に該当する選択肢を1つ選びなさい。

① 教師あり学習
② 教師なし学習
③ 強化学習
④ 過学習

答 : ②

◇テキスト生成 AI にできることとして不適切な選択肢を1つ選びなさい。
① 短時間での文章の生成
② 正確な情報の抽出
③ プログラミングコードの修正
④ カスタマーサービスの自動化

答:②

◇ディープフェイク技術に関して不適切な記述をしている文章を1つ選びなさい。

① ディープフェイク技術は特定の人物の顔を映像に合成したり、自分の声を他人の声に変換したり、目的に応じて高度にカスタマイズすることができる。

② ディープフェイク技術は主に GAN や VAE を活用している。

③ 高度に進化したディープフェイク技術は、AI 技術をもってしても情報の真偽を見分けることができないことがある。

④ ディープフェイク技術が悪用されると詐欺やなりすましリスクが高まるので厳格に法律で規制されている。

答:④

試験の概要

申し込み

試験日程

申し込み:8月下旬~9月上旬
試験日:10月上旬


申し込み:1月上旬 ~
試験日:2月中旬
試験地会社、自宅など
受験資格制限なし
試験内容シラバスより出題

四股択一式 60問・60分

第1章
AI(人工知能)
第2章
生成AI(ジェネレーティブAI)
第3章
現在䛾生成AI
(ジェネレーティブAI)䛾動向
第4章
情報リテラシー・基本理念とAI社会原則
第5章
テキスト生成AI䛾プロンプト制作と実例
合格基準総合得点率や設問別の正解・不正解や
試験の合格ラインなどは開示されない
受験料11,000円
学生の場合の場合は申請により
5,500円
各税込
試験結果
合格発表
試験結果と合格発表は:
試験終了後、概ね1〜2ヶ月
以内に会員ページにお知らせ
主催

問合せ
一般社団法人 生成AI活用普及協会
〒101-0033
東京都千代田区神田岩本町1-5
山上ビル3階
生成AIパスポート試験の概要

テキスト・問題集

この段落内は書籍等のプロモーション(PR)です。

Rakuten Books:

生成AIパスポート公式テキスト

Amazon

生成AIパスポート公式テキスト Kindle版

生成AI関連Kindle本

・上の0円表示には、Amazonが提供するKindle Unlimited 全てのジャンル200万冊以上が読み放題初めての利用は30日間の無料体験

Kindle Unlimited 30日間無料体験

・いろいろなスマホとPCに対応のKindle無料読書アプリ

Kindle 無料読書アプリ

通信講座

あらゆる資格試験のサポートに以下3社をお勧めします。

・フォーサイトは、非常に高い合格率を公表している事でおすすめ。

〔PR〕資格試験の通信教育・通信講座ならフォーサイト

・スタディングは、スマホなど利用した隙間時間の有効利用で合格実績あり。

〔PR〕スタディング

・ユーキャンは、沢山の資格に対応しています。

〔PR〕ユーキャンの全講座一覧

関連資格

高度情報処理技術者試験の一覧

資格一覧を取得の難易度と偏差値でランキング表示

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

ホームに移動

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました