介護福祉士試験は合格率70%台、難易度は低い。

国家資格

客観的に見て国家資格の中で「簡単なレベル」と言って良いでしょう。

誰もが知っている介護業界の人手不足、そして要介護が増える将来にその人手不足は更に加速することが確定しています。

この状況に見方を変えれば

介護福祉士という資格は、年収は高くないけど、生活には問題ないレベルに使える国家資格。

解雇され職が無くなるという不安からも解放される。

子育てなどで何年か離職しても再就職が容易な資格ですので、人生の安定に繋がります。

介護福祉士試験とは

介護福祉士とは、国家資格のなか名称独占資格で、数ある介護の資格の中でも唯一の国家資格です。

介護福祉士は、病院、介護老人保健施設、デイケアセンターなどの社会福祉施設が活動場所となることが主です。

仕事としては、介護または介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とします。

介護福祉士試験、受験資格の一部、実務者研修と費用について

介護福祉士試験、実務者研修について

介護福祉士試験の受験資格を得るために、養成施設ルート・福祉系高校ルートで1800時間勉強する方法もありますが、この二つは完全に少数派です。

実態として、多くの介護福祉士試験の受験者が持つ受験資格は「実務経験ルート」で

「実務経験3年+実務者研修450時間」です。

ルート1実務経験
3年
+実務者研修
450時間
ルート2養成施設
2年以上
養成施設で
1800時間
ルート3福祉系高校福祉系高校で
1800時間
介護福祉士試験の受験資格

介護福祉士試験、実務者研修の費用について

非常に大雑把な計算ですが、以下は説明用としてです。

①実務経験ルート:
年収380万円×3年-実務研修10万円=プラス1,130万円

②養成施設または③福祉系高校ルート:
2~3年間の学費200万円=マイナス200万円

介護福祉士試験と教育訓練給付制度

介護福祉士試験に至るまでの学費の事で考えてしまう人も多いはずです。

受験資格の実務者ルートに、以前は450時間の実務者研修はありませんでした。

しかし2016年にこの実務者研修が受験資格に追加されて、受験者数の大幅な減少を招きました。

これに関連してですが

厚生労働省からの「教育訓練給付金制度」の認知度が低くて十分に活用されていないという実態が、アンケートに現れています。

この詳細は実務者研修を受ける専門学校やハローワークでお尋ねください。

介護福祉士試験、受験資格のまとめ

親の援助などですでに養成施設や福祉系高校(または大学)に通っている人は、そのまま卒業まで頑張ってください。

そして

・ 一般の学校は卒業したが、これから介護福祉士試験を目指したい

・ 現在異業種にいるが、介護職に転職したい。

金銭の収支面で優劣を考えれば、このような方は養成施設ではなく

未経験でも、まずは介護職員に就職・転職して3年頑張ってみてください。

そして

実務経験3年以上で上記の450時間「実務者研修」を修了すれば、介護福祉士の試験の受験資格を得ることができ、更に本試験の中「実技試験の免除」の申請ができます。

介護福祉士の試験概要

介護福祉士01

介護福祉士の試験。受験資格、難易度、合格率
上記を参照してください。

試験科目
下記リンク先を参照

参考の偏差値:45

合格基準
筆記試験と実技試験。試験センターによる基準の補正はありえるものの、6割の得点率が目安になる

免除

実務経験3年以上で上記の「実務者研修」を修了すれば「実技試験が免除」の申請ができます。
他は下記リンクを参照してください。

「受験の手引」の請求
下記リンクより請求できます。

受験申し込み期間
例年8月上旬~9月頃まで郵送申し込み

試験日
例年1月(下記サイトにて要確認)

厚生労働省、介護福祉士の概要

公益財団法人 社会福祉進行・試験センター

財団法人社会福祉振興・試験センター
東京都渋谷区渋谷1丁目5番6号
郵便番号 150-0002
電話番号 03(3486)7521
試験案内専用電話番号 
03(3486)7559(音声及びファクシミリ)

介護福祉士試験の過去問、参考書など

Amazon 介護福祉士試験 過去問

楽天ブックス 介護福祉士試験 過去問

Amazon 介護福祉士試験 参考書

楽天ブックス 介護福祉士試験 参考書

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

ホームに移動

タイトルとURLをコピーしました