全国通訳案内士。試験の合格率と難易度

国家資格

全国通訳案内士とは、国際観光振興機構(日本政府観光局)が国家試験を代行する観光庁主管の国家試験です。

通訳ガイド制度について、平成29年6月2日に公布された「改正通訳案内士法」が平成30年1月4日に施行されました。

この施行により通訳案内士は「全国通訳案内士」となり、以前は業務独占資格でしたが、名称独占資格へと見直しされました。

合格率

公式サイト受験者及び合格者数

上記リンク先は英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語、以上の言語別に全国通訳案内士一次試験、二次試験別の合格率を記載しています。

全国通訳案内士、国家試験の合格率は8.5%~16.4%です。

年度受験者数合格者数合格率
2022年3,472人571人16.4%
2021年3,834人347人9.1%
2020年5,078人489人9.6%
2019年7,244人618人8.5%
2018年7,651人753人9.8%
2017年10,564人1,649人15.6%
全国通訳案内士、国家試験の合格率

難易度/偏差値

 全国通訳案内士の難易度は偏差値表示で65です。

試験の概要

申し込み

試験日程
申し込み:6月上旬から7月
試験日(筆記試験):8月下旬
試験日(口述試験):12月中旬

公式サイト参照
試験地筆記試験
札幌、仙台、東京、名古屋、
大阪、広島、福岡、沖縄

口述試験

英語、中国語、韓国語:
東京、大阪、福岡市

英語、中国語、韓国語以外:東京
受験資格制限なし
試験内容筆記試験・多肢選択式:90分

以下から1ヵ国語
英語、フランス語、スペイン語、
ドイツ語、中国語、イタリア語、
ポルトガル語、ロシア語、韓国語、
タイ語

日本地理
多肢選択式 30問程度:30分

日本歴史
多肢選択式 30問程度:30分

一般常識
多肢選択式 20問程度:20分

通訳案内の実務
多肢選択式 20問程度:20分

口述試験:10分程度
通訳案内の実務。
筆記試験で選択した外国語による、
通訳案内で必要とされる
コミュニケーションを図るための
実践的な能力について判定。
合格基準筆記試験

各科目単位ではなく、
全ての科目で基準点以上の得点で合格。

※ただし、合格基準の事後的な
調整を行うことがあります。
この調整は、平均点の乖離度および
得点分布を考慮して行います。

基準点

外国語:100点満点の70点
日本地理:100点満点の70点
日本歴史:100点満点の70点
一般常識:50点満点の30点
通訳案内の実務:50点満点の30点

口述試験

合格基準点(原則として7割)に
達しているか否かを判定。
評価する項目は
「プレゼンテーション」
「コミュニケーション
(臨機応変な対応力、
会話継続への意欲等)」
「文法および語彙」
「発音および発声」
「ホスピタリティ」
受験料随時
免除筆記試験の免除
前年度の合格科目は、翌年に限り
該当の科目が免除される。

既に通訳案内士試験合格者で他の
外国語を受験する場合は、
「日本地理」「日本歴史」「一般常識」
「通訳案内の実務」が常に免除。

※ただし、2017年以前の
通訳案内士試験においての合格者が、
他の外国語による全国通訳案内士試験を
受験する場合、「通訳案内の実務」の
免除を受けるためには、
観光庁長官が行う研修の修了が条件。

外国語筆記試験の免除
次のいずれかに該当する場合、
各外国語筆記試験が免除されます。
ただし「英語」
(実用英語技能検定1級合格者は除く)
においては、該当の得点を得たテストの
行われた日の属する年度、または
その翌年度に実施される
全国通訳案内士試験を受ける者に限る。

英語:実用英語技能検定の1級合格者、
TOEICスコア900点以上、
TOEICスピーキングスコア160点以上、
TOEICライティングスコア170点以上

フランス語
実用フランス語技能検定の1級合格者

スペイン語
スペイン語技能検定の1級合格者、
Instituto Cervantes制作の
DELEにおいて、C1またはC2
もしくはSuperiorの合格者

ドイツ語
ドイツ語技能検定試験の1級合格者

中国語:中国語検定試験の1級合格者、
HSK(漢語水平考試)の6級180点以上
(旧HSK高等試験9級以上)

イタリア語
実用イタリア語検定試験の1級合格者

韓国語
「ハングル」能力検定の1級合格者
TOPIK(韓国語能力試験)6級230点以上

当該外国語
国家試験と共通の外国語試験問題を
使用して実施する、
地域限定通訳案内士試験の合格者

日本地理
以下の資格者は試験が免除されます。
総合(または国内)旅行業務取扱管理者

日本歴史
次のいずれかに該当する場合、
常にに試験が免除されます。
ただし「センター試験」においては、
該当の得点を得た試験の行われた日の
属する年度、またはその年度の末日
から起算して5年以内に実施される
試験を受ける場合に限ります。
・歴史能力検定日本史1級、2級合格者
・大学入試センター試験
「日本史B」60点以上

一般常識
次に該当する場合、試験が免除される。
ただし、該当の得点を得た試験の
行われた日の属する年度、または
その年度の末日から起算して5年以内に
実施される試験を受ける場合に限る。
大学入試センター試験「現代社会」
80点以上
結果発表筆記試験:11月上旬
口述試験:2月上旬
主催

問合せ
独立行政法人 国際観光振興機構
〒160-0004
東京都新宿区四谷4-4-1
電話: 050-3659-6494
全国通訳案内士試験事務局
全国通訳案内士試験の概要

通信講座

・フォーサイトは、非常に高い合格率を公表している事でおすすめ。

〔PR〕資格試験の通信教育・通信講座ならフォーサイト

・スタディングは、スマホなど利用した隙間時間の有効利用で合格実績あり。

〔PR〕スタディング

・ユーキャンは、沢山の資格に対応しています。

〔PR〕ユーキャンの人気講座ランキング

過去問・テキスト・参考書

この段落内は書籍のプロモーション(PR)です。

Rakuten Books:

ユーキャンの全国通訳案内士

全国通訳案内士 過去問

Amazon:

ユーキャンの全国通訳案内士

全国通訳案内士 過去問

・スマホとPCで読む電子書籍Kindle本:

全国通訳案内士のKindle本0円表示あり

口述対策Kindle本0円表示あり

・上の0円表示はAmazonが提供するKindle Unlimited 全てのジャンル200万冊以上が読み放題初めての利用は30日間の無料体験、いつでも解約可能です。

Kindle Unlimited 30日間無料体験

・いろいろなスマホとPCに対応のKindle無料読書アプリ

Kindle 無料読書アプリ

関連資格

資格一覧を取得の難易度と偏差値でランキング表示

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

ホームに移動

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました