キッチンスペシャリスト。過去問で独学する試験の合格率と難易度

民間資格

キッチンスペシャリストとは、キッチンおよびダイニング空間の構成、機能性、維持管理などに関するユーザーからの相談に対し、専門的立場からアドバイスと提案をします。

キッチンスペシャリスト資格試験はインテリア産業協会が認定する民間資格であり、おおくの合格者の主な勤務先または勤務場所として、新築18%、リフォーム20%、住設機器類(キッチン・バス関連、空調等)45%程度です。

合格率と難易度

キッチンスペシャリストの合格率は28.5%から36.6%で資格試験の難易度は偏差値表示で43です。

年度受験者数合格者数合格率
2022年
第35回
56618933.4%
2021年60819732.4%
2020年61417528.5%
2019年70322231.6%
2018年78628836.6%
キッチンスペシャリスト資格試験の合格率

科目別の合格率

キッチンスペシャリスト、科目別の合格率(2022年・第35回の例)は学科試験が53.5%、実技試験が39.7%です。

科目受験者数合格者数合格率
学科46524953.5%
実技50420039.7%
キッチンスペシャリスト科目別の合格率(2022年)

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

履歴書の記載方法の例として

令和○年○月○日

キッチンスペシャリスト 登録

所轄・主催: 

公益社団法人インテリア産業協会

試験の概要

申し込み
試験日
申し込み:9月中旬 ~10月中旬
試験日:12月上旬

インターネット申込のみ
※2023年度より郵送による
申込は廃止となりました。
試験地北海道・岩手県・宮城県・群馬県
京都・愛知県・石川県・大阪府
広島県・香川県・福岡県・沖縄県
の全12地域
※試験会場の確保状況により、
近隣の都府県に試験地を設定する
場合がある。
受験資格制限なし
試験内容学科試験
マークシートによる解答選択式
36問120分
1.住居と食生活に関すること
2.キッチン空間に関すること
3.キッチン機能に関すること
4.キッチン設計施工に関すること
5.キッチン販売に関すること

実技試験
筆記式150分
筆記(図面表現)によるキッチン空間の
企画・提案
合格基準あいうえお
受験料① 総合タイプ(学科試験+実技試験
受験料:14,300円(税込)
※同一年度内に学科試験と実技試験の
両方を受験する方

②学科試験<先取り/免除>タイプ
受験料:11,000円(税込)
学科試験のみを先に受験する方、
または過去3年以内に
実技試験を合格している方

③実技試験<先取り/免除>タイプ
受験料:11,000円(税込)
実技試験のみを先に受験する方
または過去3年以内に
学科試験を合格している方
免除学科試験または実技試験
いずれか一方合格した場合に
3年間、合格済み試験の免除。

3年間の免除期間が過ぎた場合は
再度受験が必要。
合格基準合格基準の公式数字は無いが
学科試験と実技試験の共に
70%程度の正答率と言われている
持ち込める
筆記
製図用具
学科試験
・鉛筆またはシャープペンシル
(硬度BまたはHB)
 ※万年筆・ボールペンは不可
・消しゴム
 ※砂消しゴム、電動字消器は不可

実技試験
・鉛筆またはシャープペンシル
(硬度は問わない)
 ※万年筆・ボールペンは不可
・消しゴム
 ※砂消しゴム、電動字消器は不可
・字消し板

※フリーハンドで作成することを原則
しかし下記のものは使用を許可します。
・直定規(30㎝以内)
・三角スケール
・ヘキサスケール
(直定規と三角スケールの
機能のみを持つもの)
・電卓

※受験票に記載する
「試験当日の持ち物」等をご確認
合格発表合否判定通知は
2月中旬発行(ダウンロード)開始予定
主催

問合せ
公益社団法人 インテリア産業協会
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-2-1
京王新宿321ビル8F
電話 03-5379-8600

CBTS受験者専用サイト
受験申請に関する問い合わせ先
資格試験運営事務局
(受験サポートセンター)
電話:03-5209-0553
9:30~17:30(年末年始を除く)

お問合せフォーム
キッチンスペシャリスト試験の概要

試験科目と審査基準

学科試験

・住居と食生活に関すること

次の事項に関する基礎知識を有していること。
(1)家族と生活の変化(生活時間、家事、家計等)
(2)食生活とキッチン・調理(食品、調理技術等)
(3)住まいの歴史と設備・環境
(4)キッチン・バスのタイプ、レイアウト
(5)水廻り及び食関連法規

・キッチン空間に関すること

次の事項に関する基礎知識を有していること。
(1)キッチンのプランニング(レイアウト等)
(2)キッチンの人間工学(機能寸法、調理の動作空間等)
(3)キッチンの室内環境(採光・照明、換気、給排水、音等)
(4)キッチンのインテリア(仕上材、カラースキーム、インテリアスタイル等)
(5)環境・省エネ関連法規

・キッチン設計施工に関すること

次の事項に関する基礎知識を有していること。
(1)キッチンと設計図書(設計図書、表現図法等)
(2)設計実務(設計条件、計画図面等)
(3)施工実務(施工条件、施工図面等)
(4)設計施工の実務(プレゼンテーション、設計施工等)
(5)建築関連法規

・キッチン販売に関すること

次の事項に関する基礎知識を有していること。
(1)マーケティング(市場、商品、企画、開発等)
(2)販売概論(販売計画、コミュニケーション活動等)
(3)販売実務(コンサルティング、見積、契約等)
(4)販売基礎(利益管理等)
(5)販売関連法規

実技試験

・筆記(図面表現)によるキッチン空間の企画・提案に関すること

次のキッチン空間の企画・提案に関する基礎能力を有していること。
(1)関係法規、計画与条件の把握
(2)機器・部材に関する知識と構成
(3)提案を説明する文章、スケッチの作成
(4)平面図、展開図などの図面の作成
(5)説得力のあるプレゼンテーションの作成

過去問で独学の勉強方法

キッチンスペシャリスト資格試験は過去問からの類似出題が多くあります。この事から以下は過去問重視の独学、勉強方法ですが参考にしてください。

・テキストにとりあえず簡単に目を通す
・過去問1回分を規定時間内で行う
・即採点(当初は点数を気にしない)
・解説文の熟読
・間違った部分のノート作成
・できる範囲で多くの過去問を行う
・以上を同じ過去問で常に満点になるまで周回反復する
・初見の過去問または模擬問題集で自己の実力を調べる
・初見問題が70%~75%正答率に満たない場合は更に過去問周回を重ねる

〔PR〕過去問・テキスト・参考書

〔PR〕関連の電子書籍Kindle本0円表示あり

過去問・テキスト・参考書

この段落内は書籍等のプロモーション(PR)です。

Rakuten Books:

過去問・テキスト・参考書

Amazon

過去問・テキスト・参考書

関連の電子書籍Kindle本0円表示あり

・上の0円表示はAmazonが提供するKindle Unlimited 全てのジャンル200万冊以上が読み放題初めての利用は30日間の無料体験

Kindle Unlimited 30日間無料体験

・いろいろなスマホとPCに対応のKindle無料読書アプリ

Kindle 無料読書アプリ

関連資格

インテリアコーディネーター

資格一覧を取得の難易度と偏差値でランキング表示

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

ホームに移動

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました