機械保全技能検定。機械保全技能士1級・2級・3級の合格率と難易度

国家資格

機械保全技能士とは、工場などの機械が正常に稼働させることに関し、 劣化や故障の予防やメンテナンス、それに必要な技能と知識を国家検定試験である機械保全技能検定を通して認定する資格です。

機械保全は機械単体だけではなく、生産ラインなどの設備機械全体の状態を指し、劣化を予防し、機械の正常な運転を維持し保全するために重要な仕事です。

国家検定試験に合格すると、国家資格「機械保全技能士」と名乗ることができます。これは国家資格であり、名称独占資格です。

試験の概要

試験名
受験資格
機械保全技能検定

受験資格は
3級は年齢、学歴等に制限はなく
誰でも受験できます。

2級以上の受験資格は
実務経験などの条件が発生するが
職業訓練や学歴で期間短縮もあるので
詳しくは
公式サイトの受験資格判定
を参照して下さい。
試験の種類特級、1級、2級、3級の等級に区分。
その中で
「機械系保全作業」
「電気系保全作業」
「設備診断作業」
の3つに分かれて、
各作業に学科試験と実技試験が
施されます。

※特級は選択作業の区分はない。
※3級は「設備診断作業」ない。

受検に必要な実務経験年数は、
学歴や職業訓練受講歴等に応じて
短縮されます。
詳しくは、公式サイトにて要確認。
試験の方法学科試験と実技試験があり
両方の試験に合格することが必要です。

学科試験と実技試験のどちらか
一方のみに合格した方は、
次回以降は不合格となった試験のみを
受検し、合格することで、技能士となる。
(一方合格の効力に期限はないが、
特級は合格した日から5年間に限り有効)
試験の概要学科試験は多肢択一または真偽法で実施
実技試験は、作業によって
「製作等作業試験」
「判断等試験」
「計画立案等作業試験」
のいずれかの方法で行います。

製作等作業試験
受検者に物の製作、組立て、
調整、ロールプレイング等で実際に
作業を行わせる試験

判断等試験
受検者に対象物又は現場の状態、
状況等を原材料、標本、模型、写真、
ビデオ等を用いて提示し、判別、判断、
測定等を行わせることにより
技能の程度を評価する

試験計画立案等作業試験
受検者に現場における実際的な課題等を
紙面を用いて、表、グラフ、図面、
文章等で掲示し、計算、計画立案、
予測等を行い技能の程度を評価する試験

特級
学科
五肢択一50問(120分)
実技
計画立案等作業試験(150分)

1級
学科
真偽法25問、四肢択一25問(100分)
実技
機械系保全作業/判断等試験(80分)
電気系保全作業/製作等作業試験(110分)
設備診断作業/判断等試験 (100分)

2級
学科
真偽法25問、四肢択一25問(100分)
実技
機械系保全作業/判断等試験(80分)
電気系保全作業/製作等作業試験(110分)
設備診断作業/判断等試験 (100分)

3級
学科
真偽法30問(60分)
実技
機械系保全作業/判断等試験(70分)
電気系保全作業/製作等作業試験(110分)
合否基準学科試験:
加点法で
100点満点の65点以上が合格。

実技試験:
減点法で
41点以上の減点がない場合に合格

実技試験の減点法について
合格基準と採点についてを参照。
免除技能検定の実技試験と学科試験の
両方の試験のうち学科試験については、
日本プラントメンテナンス協会が指定する
「認定職業訓練短期課程・機械保全科」
を受講・修了することで免除になる。
試験の詳細

受検申請
問合せ
公式ページ
機械保全技能検定公式HPを参照。

【受検申請に関する問い合わせ先】
機械保全技能検定 受検サポートセンター
TEL:03-5209-0553
受験に関するお問い合わせ

試験制度・問題などの総合的なお問い合わせ
公益社団法人
日本プラントメンテナンス協会
技能検定事務局
問い合せフォーマット
TEL:03-6865-6083

参考
CBTサイト
機械保全技能士の試験概要

都道府県職業能力開発協会

あらゆる技能検定の問い合わせなど、都道府県職業能力開発協会の所在地及び電話番号は以下の通りです。

職業能力
開発協会
所在地
電話番号
北海道003-0005
札幌市白石区東札幌5条1-1-2
北海道立職業能力開発
支援センター内
011-825-2385
青森県030-0122
青森県青森市大字野尻字今田43-1
県立青森高等技術専門校内
017-738-5561
岩手県028-3615
紫波郡矢巾町南矢幅10-3-1
岩手県立産業技術短期大学校内
019-613-4620
宮城県981-0916
仙台市青葉区青葉町16-1
022-271-9260
秋田県010-1601
秋田市向浜1-2-1
秋田県職業訓練センター内
018-862-3510
山形県990-2473
山形市松栄2-2-1
023-644-8562
福島県960-8043
福島市中町8-2
福島県自治会館5F
024-525-8681
茨城県310-0005
水戸市水府町864-4
茨城県職業人材育成センター内
029-221-8647
栃木県320-0032
宇都宮市昭和1-3-10
県庁舎西別館
028-643-7002
群馬県372-0801
伊勢崎市宮子町1211-1
0270-23-7761
埼玉県330-0074
さいたま市浦和区北浦和5-6-5
埼玉県浦和合同庁舎5F
048-829-2801
千葉県261-0026
千葉市美浜区幕張西4-1-10
043-296-1150
東京都101-8527
千代田区内神田1-1-5
東京都産業労働局神田庁舎5階
03-6631-6050
神奈川県231-0026
横浜市中区寿町1-4
かながわ労働プラザ内
045-633-5420
新潟県950-0965
新潟市中央区新光町15-2
新潟県公社総合ビル4F
025-283-2155
富山県930-0094
富山市安住町7-18
安住町第一生命ビル2F
076-432-9883
石川県920-0862
金沢市芳斉1-15-15
石川県職業能力開発プラザ3F
076-262-9020
福井県910-0003
福井市松本3丁目16番10号
福井県職員会館ビル4階
0776-27-6360
山梨県400-0055
甲府市大津町2130-2
055-243-4916
長野県380-0836
長野市大字南長野南県町688-2
長野県婦人会館3F
026-234-9050
岐阜県509-0109
各務原市テクノプラザ1-18
岐阜県人材開発支援センター内
058-322-3677
静岡県424-0881
静岡市清水区楠160
054-345-9377
愛知県451-0035
名古屋市西区浅間2-3-14
052-524-2040
三重県514-0004
津市栄町1-954
三重県栄町庁舎4F
059-228-2732
滋賀県520-0865
大津市南郷5-2-14
077-533-0850
京都府612-8416
京都市伏見区竹田流池町121-3
京都府立京都高等技術専門校内
075-642-5075
大阪府550-0011
大阪市西区阿波座2-1-1
大阪本町西第一ビルディング6F
06-6534-7510
兵庫県650-0011
神戸市中央区下山手通6-3-30
兵庫勤労福祉センター1F
078-371-2091
奈良県630-8213
奈良市登大路町38-1
奈良県中小企業会館2F
0742-24-4127
和歌山県640-8272
和歌山市砂山南3-3-38
和歌山技能センター内
073-425-4555
鳥取県680-0845
鳥取市富安2-159
久本ビル5F
0857-22-3494
島根県690-0048
松江市西嫁島1-4-5
SPビル2F
0852-23-1755
岡山県700-0824
岡山市北区内山下2-3-10
086-225-1546
広島県730-0052
広島市中区千田町3-7-47
広島県情報プラザ5F
082-245-4020
山口県753-0051
山口市旭通り2-9-19
山口建設ビル3階
083-922-8646
徳島県770-8006
徳島市新浜町1-1-7
088-662-5366
香川県761-8031
高松市郷東町587-1
地域職業訓練センター内
087-882-2854
愛媛県791-8057
松山市大可賀 2丁目 1-28
アイテムえひめ内
089-993-7301
高知県781-5101
高知市布師田3992-4
088-846-2300
福岡県813-0044
福岡市東区千早5-3-1
福岡人材開発センター2F
092-671-1238
佐賀県840-0814
佐賀市成章町1-15
0952-24-6408
長崎県851-2127
西彼杵郡長与町高田郷547-21
(長崎高等技術専門校敷地内)
095-894-9971
熊本県861-2202
上益城郡益城町田原2081-10
電子応用機械技術研究所内
096-285-5818
大分県870-1141
大分市大字下宗方字古川1035-1
大分職業訓練センター内
097-542-3651
宮崎県889-2155
宮崎市学園木花台西2-4-3
0985-58-1570
鹿児島県892-0836
鹿児島市錦江町9-14
099-226-3240
沖縄県900-0036
那覇市西3-14-1
098-862-4278
各都道府県職業能力開発協会

技能検定の実施状況

平成30年度「技能検定」実施状況

令和元年度「技能検定」実施状況

令和2年度「技能検定」実施状況

令和3年度「技能検定」実施状況

令和4年度「技能検定」実施状況

機械保全技能検定の合格率

機械保全技能士の資格、機械保全技能検定の合格率に関し以下表にまとめましたが、更なる分析は公式サイトの情報開示ページを参照ください。

特級の合格率

機械保全技能士特級の合格率は21.6%~40.2%

特級受験申請合格者数合格率
2022
令和4年
72417424.0%
2021
令和3年
73629640.2%
2020
令和2年
68015622.9%
2019
令和1年
74516121.6%
2018
平成30年
68118326.9%
機械保全技能検定特級の合格率

1級の合格率

機械保全技能士1級の合格率は17.8%~30.2%

1級受験申請合格者数合格率
2022
令和4年
9,5822,89230.2%
2021
令和3年
9,4272,97131.5%
2020
令和2年
9,5062,70828.5%
2019
令和1年
10,9672,91726.6%
2018
平成30年
11,4332,03917.8%
機械保全技能検定1級の合格率

2級の合格率

機械保全技能士2級の合格率は21.6%~35.0%

2級受験申請合格者数合格率
2022
令和4年
14,7375,12934.8%
2021
令和3年
13,9234,87135.0%
2020
令和2年
13,5864,74834.9%
2019
令和1年
17,0195,93234.9%
2018
平成30年
16,6023,59021.6%
機械保全技能検定2級の合格率

3級の合格率

機械保全技能士3級の合格率は47.9%~76.8%

3級受験申請合格者数合格率
2022
令和4年
6,2494,79976.8%
2021
令和3年
8,6056,13471.3%
2020
令和2年
2019
令和1年
7,4865,28970.7%
2018
平成30年
6,7953,25647.9%
機械保全技能検定3級の合格率

機械保全技能士、技能検定の難易度/偏差値

3級の難易度は偏差値表示で39です。

2級の難易度は偏差値表示で44です。

1級の難易度は偏差値表示で52です。

特級の難易度は偏差値表示で55です。

過去問、参考書

公式サイト記載の過去問

公式サイト、過去の試験問題のページ

を参照して下さい。

市販の過去問、参考書

Amazon

〔PR〕機械保全技能検定3級

〔PR〕機械保全技能検定1・2級

楽天

〔PR〕機械保全技能検定

おすすめの講座

40年の実績。利用企業4万社以上、受講者数200万人突破

〔PR〕JTEX1級・2級技能士コース・機械保全科

〔PR〕3級技能検定対策科(機械保全コース)

関連電子書籍

厚生労働省ものづくりマイスターが教える 機械保全2級実技合格のコツ: 必要最小限の覚えるポイント教えます! (参考書) Kindle版

アマゾンのKindle unlimitedメンバーは無料です。

〔PR〕機械保全2級実技合格のコツ

・Amazonが提供するKindle Unlimited 全てのジャンル200万冊以上が読み放題
初めての利用は30日間の無料体験

〔PR〕Kindle Unlimited 30日間無料体験

〔PR〕Kindle 無料読書アプリ

関連資格

〔PR〕技術講座専門のJTEX

技能検定の一覧

比較的簡単に取れる、おすすめ国家資格に移動

資格一覧。偏差値でランキング表示に移動

ホームに移動

コメント

  1. 過去に人 より:

    免許を取得すれば資格手当がつくとかのインセンティブが無ければ全く必要のない資格です。
    私は一応一級を持っていますが、当初は資格を取れば会社は資格手当を支給するようなことを言っていましたが結局のところ何のメリットもありませんでした。
    講習を受けると学科試験が免除される仕組みもあるようでしたが、そんな無駄金を払わなくても合格できる程度の試験です。
    資格を取ったにしても、保全作業をして日常業務にしている人には所詮敵いません。

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました