ドクターズクラーク(医師事務作業補助技能認定試験)。試験の合格率と難易度

民間資格

ドクターズクラーク(医師事務作業補助技能認定試験)とは、医師の指示によって診断書の作成やカルテの代行入力、処方箋の作成、検査予約などを業務とし、試験は医師事務作業補助体制の一員として従事する者が必要とする、知識および技能の程度を評価・認定します。

病院に勤務する医師の疲弊が近年に社会問題化し、2008年と2022年の診療報酬改定によって医師事務作業補助配置が法的にも評価されています。

試験の合格率と難易度

近年においてドクターズクラークになる試験の受験者数は年間に3,679人から7,892人、合格率は50.0%から76.4%で推移しています。

そしてドクターズクラーク(医師事務作業補助技能認定試験)の難易度は偏差値表示で42です。

試験の概要

申し込み

試験日程
試験は年間6回、奇数月在宅試験で実施。

※受験は日本国内のみに限る。
※団体受験校については学校からの
 案内を確認。
※申し込みは当該試験日の2ヵ月前
 より3週間前まで
試験地自宅など
受験資格受験資格は以下のいずれか一つに
該当する者

1.教育機関等が行う教育訓練のうち、
認定委員会が認定規程により定める
医師事務作業補助技能認定試験
受験資格に関する教育訓練
ガイドライン」に適合すると認めるものを
履修した者

2.医療機関等において医師事務作業
補助職として6ヵ月以上
(32時間以上の基礎知識習得研修を含む)
の実務経験を有する者
※実務経験証明書の提出が必要。

3.認定委員会が前各号と同等と
認める者

※参照
「Q&A」 問4をご確認。
試験内容学科:
筆記試験、択一式/25問/50分
医師事務作業補助基礎知識
1.医療関連法規
2.医療保障制度
3.医学一般
4.薬学一般
5.医療と診療録
6.医師事務作業補助業務
7.病院管理
実技:
筆記(記述式)
医療文書作成/4問/60分
各種診断書・証明書・申請書作成
合格基準学科試験および実技試験、両方の得点率が
70%以上を合格。
受験料9,200円(税込)
合格発表当該試験日から約1ヵ月後に郵送。
合格証当該試験結果通知から約1ヵ月後に郵送。
主催

問合せ
一般財団法人 日本医療教育財団
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-9
駿河台フジヴュービル6階
電話 03-3294-6624
ドクターズクラーク試験の概要

通信講座

上記過去問と同じような流れで通信講座もあります。

〔PR〕ユーキャンの医療事務講座

メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)の合格率は80%に近く、資格としての難易度がとても易しいので、もし通信講座を受講するのであれば「安全策」といえます。

あるいは「メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)」とは別途に少し難易度が高いが求人需要も高い「診療報酬請求事務能力認定試験」も検討されている方には以下がおすすめです。

〔PR〕2020年12月の合格率は全国平均の1.56倍!診療報酬請求事務能力認定通信講座はフォーサイト!

過去問(類似問題集)・テキスト・参考書

この段落内は書籍等のプロモーション(PR)です。

Rakuten Books:

医師事務作業補助者の書籍

Amazon:

医師事務作業補助者の書籍

電子書籍Kindle本0円表示あり

・上の0円表示はAmazonが提供するKindle Unlimited 全てのジャンル200万冊以上が読み放題初めての利用は30日間の無料体験

Kindle Unlimited 30日間無料体験

・いろいろなスマホとPCに対応のKindle無料読書アプリ

Kindle 無料読書アプリ

関連資格

医療の国家資格・民間資格一覧

資格一覧を取得の難易度と偏差値でランキング表示

必置資格のページに移動

業務独占資格のページに移動

ホームに移動

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました